2017-10-21(Sat)

奥日光 小田代原・戦場ヶ原

10月21日 奥日光の小田代原・戦場ヶ原へハイキングに行きました。

雨の中を小雨との予報により傘を持って出かけました。奥日光は黄葉が始まっていました。赤色が少なく黄色がほとんどでした。雨の中を傘をさして、竜頭の滝から小田代原を歩き小田代湿原を抜け戦場ヶ原からの道と合流して湯ノ湖から湯元まで歩きました。小田代湿原のカラ松の紅葉がきれいでした。また、泉門池(いずみやどいけ)と小田代橋付近の紅葉がきれいでした。

001竜頭の滝 竜頭の滝

018黄葉をバックに 黄葉をバックに

019白樺と黄葉 白樺と黄葉

023鐘と和田さん 鐘とW田さん

026泉門池 泉門池

027湯川 湯川

038バス停に向かいます バス停に向かいます

I井、W田、会員外6名。W田記
スポンサーサイト
2017-09-24(Sun)

奥又白池

9月22日~24日 奥又白池に行きました。

2013年から5回目の計画(4回は雨で中止)で、ようやくたどり着けました。22日朝発6名、夜発3名の9名のパーティーでした。朝発は徳澤で幕営。翌朝、徳澤で夜発組と合流して出発。パンラマ新道から別れ、松高ルンゼ右の急な尾根を登りました。木や熊笹をつかんでの登りでした。前穂高をバックに奥又白池を見たときには感激でした。池で1泊して前穂高を担当しました。帰りは急な下りで緊張を強いられました。無事に下りられた時にはホッとしました。

024徳澤に着きました 徳澤に着きました

038矢印はパノラマ振動 矢印はパノラマ新道

055着きました奥又白池です 着きました奥又白池です

0032_xlarge.jpg

W田
2017-09-02(Sat)

カザフスタン

2017年8月25日~9月2日 『カザフスタン四大国立公園探勝ハイキング』 日本勤労者山岳連盟国際部

カザフスタン山岳連盟から労山に「交流ハイキング」の提案で、募集があり参加しました。総勢20名(本会から3名参加)で「ハイキング団」を結成して行く事が出来ました。カザフスタンは日本の9倍。本の一部の都市「アルマトイ」を訪れました。広大な土地であり、遊牧民がヒツジ、ヤギ、馬、牛等の家畜を放牧して暮らしています。乾燥地帯なので車での移動も凸凹道は、激しく身体を振り回され凄い砂埃でした。殆どが中高年層でしたがさすが労山、山で鍛えている事もあり皆さんとても元気でした。花の時期はすっかり終わっていましたが、6~7月はとても美しいようです。

01_20170916211620257.jpg
コク・ザイラ公園(1560m)約5Hのトレッキング。地もとのトレッカーは荷物も少なく、気軽に登っていました。

02_20170916211622cb3.jpg
アウル・エツノ村を訪問。民族衣装で迎えてくれ、伝統のダンスや若者の馬合戦を見せてくれました。

03_20170916211611f7c.jpg
1歳の誕生日に、歩けないように両足を紐で結び、その土地で一番成功した方にハサミで紐を切ってもらい、絨毯を歩かせ子どもの将来を願ったそうです。ツアーの主将である、花村さんにカットしてもらいました。

04_20170916211613fe9.jpg
アッシイ峠を約5時間のトレッキング。途中で家畜を放牧する遊牧民のパオを訪問。私達の到着に合わせてランチの準備。家畜のウンチを踏まないように!!! スイカ、メロンが最高。

05_201709162116144ee.jpg
カインデイ湖畔を約二時間のトレッキングでした。参加者全員で。暑かったです。

06_2017091621161636c.jpg
テントでの、夕食、朝食風景です。

07_20170916211617ad1.jpg
ゲストハウス等では、このような食事風景です。果物も美味しく、私は葡萄が気に入りました。 

08_20170916211619864.jpg
最後の訪問。砂丘の高さ100mに、登りシンキング・デューン「歌う砂漠」をたいけんする。

参加者:K崎、S井、O江、他多数
2017-08-26(Sat)

甘利山・千頭星山

8月26日(土) キャンプ祭1日目 甘利山・千頭星山に登ってきました(ハイキングチーム12名)。

キャンプ祭1日目のハイキングは、ツツジの名所としての甘利山。山梨百名山にも選ばれていて富士の展望も良いとあって参加者は12名と大所帯です。

駐車場着時には傘をさすような状況。
20170826amari07.jpg

今年は雨に降られるなと諦めムードでしたが、歩きはじめると雨が止み次第に天気は回復。
20170826amari06.jpg

甘利山の山頂にて。
20170826amari05.jpg

千頭星山山頂にて。
20170826amari03.jpg

千頭星山周辺はガスが濃かったので展望はありませんでしたが、甘利山に降りてくるあたりでガスの濃い地帯を抜け、青空の下に富士山、八ヶ岳、南ア南部などが展望できるまでになりました。やっぱり青空でこそ気持ち良いハイキングになりますね。
20170826amari02.jpg
20170826amari01.jpg

今回歩いている中で一番咲いていたのがマルバタケブキ。一面に咲く黄色い花はなかなか見事でしたよ。他にもシシウドや、ヤマハハコ、ソテツなども咲いていて楽しい花見ができました。
20170826amari04.jpg

有名なツツジがどんだけかと思いましたが、甘利山周辺は本当にツツジの木が多く、赤く染まった山を見てみたく、満開の時に一度写真を撮りに訪れたい山となりました。
ハイキングの後は、尾白川のキャンプ場でクライミングチームと合流し、たき火を起こして盛大な肉パーティーとなりました。

メンバー:KAZ、Y川、H山、S村、T畑、K林、Hみ、K山、M馬、K田、T能(見学者お試し)、記:YAMA

もう少し見たい方は、こちらよりヤマレコのページをご覧ください。
2017-08-20(Sun)

栗駒山「神田百名の6」を登る

8月20日(日) 栗駒山に登りました。

日本三大踊りの一つ秋田県「西音内踊り」を観に行きその帰りに立ち寄り登山。東北の天気も雲が低くどんより。須川温泉泊で前夜はたっぷり乳白色のお湯に浸かる。朝、起きると心配していた雨、雨でがっかり。朝食を食べているうち雨がやんだので少し遅れて出発。ゆげ山コースから須川コース、そして栗駒山。ガスがかかり山頂が見え隠れしながらも、時々嬉しい陽ざし。山頂は青森からの20数名のグループで賑わっていました。足場が良くない「自然観察路」を下山。濡れた草木とドロ道でびしょ濡れとなるも、温泉にはいり気分最高でした。

01_20170826181432d06.jpg 宿のすぐ脇はふんだんに温泉が流れている。ここから出発。

02_20170826181428316.jpg 昭和19年小噴火で出来た火口湖の昭和湖。トイレも設置してある。

03_2017082618142952c.jpg ガスって見えなくなっているが、もうすぐ山頂です。

04_20170826181431a00.jpg 200名山です。そして「神田百NO6」です。山頂からの眺めは残念ながら…でしたが、雨に降られなかったのが、何よりでした。

参加:O江、K崎
2017-08-13(Sun)

小田代原

8月13日(日) 小田代原に行きました。

冬に行きました雪の小田代原がよかったので、夏に来てみました。竜頭の滝から高山を周囲を小田代湿原(現在は草原になりつつあります)を一回りし、山道を辿って西ノ湖を見て千手ヶ浜へ。ここからは中禅寺湖周回歩道を辿って菖蒲ヶ浜へ行き、竜頭の滝に戻ってきました。赤沼からバスでも行けますが、木漏れ日の中を歩くのは、とても癒されます。カラマツがあるので10月の紅葉時になったらまた行きたいと思っています。W田1名でした。

004竜頭の滝 竜頭の滝

005滝上より高山 滝上より高山

014バス通り バス通り

029外山(2204m) 外山

044展望台からの景色 展望台からの景色

081西ノ湖にて 西ノ湖にて

090千手ヶ浜 千手ヶ浜
 
記:W田
2017-08-05(Sat)

小野子山・十二ヶ岳

8月5日(土) 小野子山・十二ヶ岳ハイキングに行きました。

神田百名山No35 小野子山 北アルプスの奥又白池中止の代替えプログラムとして行ってきました。予報では曇り夕方雨でしたが、曇り時々晴れでした。吾妻線の小野上駅から歩いて雨乞山・小野子山・中ノ岳・十二ヶ岳と4座を巡って一つ先の小野上温泉駅に戻るというコースでした。小野上温泉駅前には「さちのゆ」がありとても便利。難点は登山口までと、下山口からの1時間以上の舗装路があることです。電車だけで行けるのでお勧めです。

016雨乞山山頂 雨乞山山頂

020位の子山山頂にて 位の子山山頂にて

026中ノ岳山頂 中ノ岳山頂

029十二ヶ岳山頂にて 十二ヶ岳山頂にて

M馬、H山、H、Y川、S司、I、Y口、W田の8名でした。W田記
2017-07-30(Sun)

羅臼岳

7月30日(日) 羅臼岳に登りました。

4:30羅臼岳登山口→大沢入口8:00今年は雪なし→8:35広大な羅臼平→9:55岩石の積み重なる急斜面をよじ登り、羅臼岳頂上到着→下山途中の仙人坂を下っている時に、先行パーティーより熊の目撃情報があり、鈴を必死にならしておりました→15:45下山

いい天気に恵まれ、北海道の雄大な山にまた登ることができました。道が、しっかりしていて登りやすかったです。途中の湧水、弥三吉水と銀冷水は冷たく、おいしいかった。羅臼平は、花も豊富でいいところでした。知床すみれは硫黄岳に行 かないとみられないんだそうです。残念!!頂上では、雲で知床連山を眺められず残念でした。1時間くらい粘ったのですが・・・。ウトロや斜里岳の方は見ることができました。 

P7300068.jpg

T畑、S井、T木
2017-07-29(Sat)

大菩薩嶺・小金沢嶺

7月28(金)~29日(土) 大菩薩嶺~小金沢嶺縦走 (神田百名45)

塩山発9:30バスで、登山口下車(約20分)上日川峠経由で、唐松尾根を登る。時々晴れて大菩薩湖まで見渡す事ができ、感激するのもつかの間、ガスで視界が無くなる・・を繰り返えしながらの急登。大菩薩嶺山頂は見晴らしは無く、それでも山頂で「神田百45」の記念写真。雷岩から介山荘まで、見渡す限りの笹原の緑の絨毯は気分爽快。3:20分介山荘着。ビールで乾杯。すると思いがけず小屋から大きな桃のご馳走で、カブリ付く。
二日目は出発時間6:30大雨。石丸峠まで取りあえず進み様子見とした。時々晴れ間、ガスの繰り返しで、取りあえず前進小金沢山8:30分到着。笹原の眺めの良い所は、はじめだけで、倒木が多く、跨いだり潜ったりの連続。湯の沢峠着12:00。天目山温泉着2:10
良い汗を沢山かいた山行でした。

01_201708052304360ff.jpg 見晴らし無いけど達成感がありました。

02_20170805230430566.jpg 昔は、ヤナギラン等の花々が見事だったようだが、鹿の餌となってしまい、今では・・・・。

03_20170805230431486.jpg 介山荘からのご馳走をほおばる、ピーチ娘。感想文に「美味しい!」と書いたので、次の日も一個づつ頂けちゃいました。

04_201708052304327c0.jpg 介山荘の夕食は、食前酒のワインとお代わり自由のカレーです。二人の子ども達の給仕も絶妙に可愛いのです。更にボウルペンの記念品。

05_201708052304342e7.jpg 8:30分自動シャッターで記念写真

参加者:LH道、K初、M孝、W美、O睦  5名

2017-04-23(Sun)

外秩父七峰縦走ハイキング

4月23日(日) 快晴の中、外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加してきました。

申込み参加W田1名+自主参加8名の9名で歩きました。第1CPの官ノ倉山を下りて、和紙の里(食べ物・飲み物の屋台がたくさん出て大賑わい)を通って、延々と舗装された林道を歩き笠山登山口へ。笠山の第2CPまでに3時間半近くかかりました。第3CPの堂平山、第4CPの剣ヶ峰は近かったです。白石峠で時間切れのため白石バス停に下って終了でした。3ついければと思っていましたが、みなさんのおかげで4ついけましたので満足です。8時間半ほど歩きました。

003地図とCPカード 7:41 地図とCPカード 

010舗装路を行きます 舗装路を行きます

017官ノ倉山にて② 官ノ倉山にて

019こんな風に標識がありました こんな風に標識がありました

034花がきれいです 花がきれいです

048笠山山頂にて 笠山山頂にて

056堂平山山頂にて 堂平山山頂にて
 
W田、O江、ON山、W梅、S井、M馬、O田の0名でした。W田記
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク