FC2ブログ
2018-08-27(Mon)

gunung jasar(グヌン ジャサール)

8月27日 マレーシアの軽井沢と言われるCameron highlandsにある高尾山のようなgunung jasar に登って来ました。

民家の脇から小道に入り、工事エリアを越えると山道の入り口。ここから道は明瞭でまず間違うことはないかと。前半はトラバース気味にじわじわと登り、後半は一気に登ります。と言ってもトータル1時間ちょいくらいで、高尾山より楽ちんです。山頂直下の鉄塔のところがCameron highlands方面の展望台。山頂へはそこからすぐで、逆に西側が開けてます。

tea plantationへは来た道を少し下った工事用道路のところから南に道路をすすむと、工事現場があり、そこから山道になります。しかしそこから急坂を下るのこと15分程で今度は農作業道路にでます。で、あとはその道をひたすらplantationまで、、、、。山頂から1時間半くらいでしょうか。

昔ながらの民家が見えたら道を外れて沢沿いの小道に入って、セリ畑の横を下ります。茶畑の道にでるので、あとは前方に見えるtea shopに向かいましょう。最後にお茶してくださいね。そこから街まではタクシーで10分以内。登り坂走って30分。歩くと1時間半くらいかと。私は、、、しました。

今回maps meという地図アプリを使用。こういう小道まで結構細かく載ってました。必要なエリアだけダウンロードして、あとはオンラインになってなくても自分の位置がわかるので便利でした。

IMG_1946.jpg

IMG_1947.jpg

IMG_1898.jpg

IMG_1900.jpg

IMG_1902.jpg

IMG_1924.jpg

IMG_1932.jpg

記:K藤
スポンサーサイト
2018-08-05(Sun)

マレーシア Bukit Tabur(タブール山西峰)

8月5日(日) マレーシアのBukit Taburに登りました。

マレーシアに滞在中の8月5日、近郊(本当に市内から見えます)のBukit Tabur(Bukitは山)に行ってきました。400m程の石灰岩脈が侵食で残されて露頭した岩山です。西峰と東峰がありますが、西の方が人気のようです。登山口には進入禁止のようなテープがありましたが、みんなジョギングシューズでどんどん登ってました。
岩場が多数ありますが、手摺り、ロープなど要所要所に設置してあり、山経験者としては特に危険は感じませんでした。次々と出てくる岩峰を越えて行き、1時間ちょっとで山頂に着きますが、WEBに載っていた山頂表示がなく、たぶんここ、、、という感じです。
下りは頂上の先の鞍部からそのまま下る道を通るのが常道のようです。
当日は曇っていて、視界も良くなかったので街のツインタワーなどは見えませんでしたが、天気が良く、視界がよけれは見えます。足元には大きなダム湖、また東峰もなかなかの雄姿です。東京でいうと岩殿山という感じかと思います。

IMG_1503.jpg

IMG_1504.jpg

IMG_1505.jpg

IMG_1524.jpg

IMG_1554.jpg

記:K藤
2018-07-24(Tue)

北岳

7月22日~24日 北岳~小太郎山縦走
 
22日は、白根御池小屋まで登る。平日だったのでさほどの混雑はなかったが、臨時バスが出た。土日の混雑は凄かったようだ。広河原から御池小屋までは樹林帯でもあり、直射日光を避けることが出来たが、急登なので流れるような汗。二日目は草スベリの急登、高山植物が綺麗だった。小太郎山の往復は意外と岩場だったので、日差しも強く少々疲れ気味だったが、甲斐駒ケ岳、仙丈が岳、北岳が美しく望めた。北岳、八本歯のコル、ここからはバットレスの全容が望むことが出来登攀した事が懐かしかった。
梯子の連続、中年女子メンバー4人良く頑張りました。  (O江、S井、Hみ、K田)

01_201808051133430c1.jpg 急峻な草スベリ爽やかな空気の中、高山植物も沢山咲いていた。

02_20180805113345215.jpg 小太郎山往復、後方は甲斐駒ケ岳。二組しか会わなかった。

03_2018080511334675a.jpg 肩の小屋からの朝日に映える美しい稜線と富士山。

04_20180805113336575.jpg 朝日に映える仙丈が岳とイワギキョウの花。

05_20180805113337072.jpg 北岳山頂はあまりに美しい景色で去りがたく、たっぷりの休憩。最高!

06_20180805113339d63.jpg 岩稜と空と雲と頑丈な美女。足元ご注意慎重に。

07_20180805113340b05.jpg 八本歯のコルから望む「バットレス」登攀した思い出が甦る。

08_20180805113342953.jpg 八本歯のコルは梯子の連続で気が抜けなかった。
2018-06-03(Sun)

棒ノ嶺ツエルトビバーク

6月2日~3日 棒ノ嶺でツエルトビバークしました。

6/3のクリーンハイクに先だって、棒ノ峰でツエルトでビバークしました。またハイキングで利用できるロープワークの練習をしました。①自分のツエルトを張って一晩過ごす。②簡易ハーネスの作り方。③半マストでの登下行の確保。④ロープの張り方を練習しました。翌日は岩茸石山で高水班に合流しました。Y川、I、T形、S村、B場、W田の6名。W田記

032緊急避難の晩餐? 緊急避難の晩餐?"

004朝食 朝食

007半マストで下降 半マストで下降

014全員で(修正) 全員で
2018-05-26(Sat)

城ケ島ハイキング

5月26日(土) 城ケ島にハイキングに行きました。

海辺のハイキングに、マグロ切符を使って会社の仲間と行ってきました。白秋碑-城ケ島公園-安房崎灯台-城ケ島灯台-三崎駅の予定でしたが、道を間違えて城ケ島灯台へ行ってしまい逆ルートを辿りました。そのため、温泉には入れませんでした。ちょっと残念。山もいいですが、たまには海も良いですね。W田他9名でした。

008白秋碑 白秋碑

025.jpg

028_2018053107364524a.jpg

035_20180531073647293.jpg

037_2018053107364803c.jpg
2018-05-14(Mon)

きついけど楽しい!滝子山東陵

5月14日(月) 滝子山の東陵に登りました。

滝子山の東陵は、前々日の5月12日に当会の10名ものパーティが踏破したところ。(この日の報告はIさんがヤマレコに詳しくアップしています。)その日に参加したかったY川ですが、都合で参加できず5月14日に休みを取って登ってきました。このコースは、平坦なところと急登が交互に出てきて、きついけど楽しい!燃えるような新緑と、稜線を吹き抜けるさわやかな風と、小鳥の鳴き声と、この季節の良さを凝縮して味わいました。

でもこの日の核心は下りにありました。滝子山から甲斐大和駅に下りようとして曲り沢峠に来たところ、「甲斐大和駅方面」の看板は曲り沢を示している。その通り沢道を下るととんでもない悪路。てか道はない!そういえばこの沢は当会のW田さんが沢のぼりに来ているところ。それを下るのですから、苦労です。

滝子山の東陵は文句なく楽しい。また行きます!

IMG_20180514_112438.jpg
東稜線上にある「沼ノ沢峰」 新緑が鮮やか、アカヤシオが咲き始めていた。
2018-04-21(Sat)

陣馬山

4月21日(土) 陣馬山に登りました。

会社の仲間と陣馬山に登りました。初心者がいますので和田バス停から登って陣馬山山頂から陣馬高原下のバス停に至るという3時間コースでした。そのぶん、山頂でおそばを食べてのんびりしました。

020富士山 富士山

022陣馬山山頂にて 陣馬山山頂にて

024生籐山 生籐山

W田、会員外8名
2018-02-24(Sat)

日光高山敗退

2月24日(土) 日光の高山に登りました。

昨年、滝上より登り、山頂から小田代原への下山ができず引き返しました。今年は逆に小田代原から登り山頂から滝上に下るという計画で入りましたが、トレースがなく雪が多いため歩きづらく思いの保管時間がかかり、途中で敗退とし引き返しました。小田代原の白樺林の雪原を見られたのがよかった。課題を残し、またリベンジをしたいですね。

004幕張峠にて 幕張峠にて

011昼食 昼食

019熊窪分岐 熊窪分岐

020高山への登りに入ります 高山への登りに入ります

H山、K崎、S山、W田 W田記
2018-02-04(Sun)

武川岳

2月4日(日) 名郷バス停より妻坂峠を越えて武川岳に行きました。

山の中は20-30cmの積雪で、雪山気分でした。山頂より東進の予定でしたが雪が深くトレースがなかったので、山伏峠経由に変更し、大蔵尾根を通り正丸駅まで歩きました。

002妻坂峠に向かって林道を 妻坂峠に向かって林道を

011地図で方向を確認 地図で方向を確認

018武川岳山頂にて 武川岳山頂にて

023ここから山伏峠に下ります ここから山伏峠に下ります

記:W田
2017-12-17(Sun)

野山北六道山公園

12月17日(日) 六道山公園に行きました。

冬の陽だまりの中を、西多摩郡瑞穂町(みずほまち)の公園を歩いてきました。全体的に里山という感じの山全体が公園になっています。標高200mです。縦横に道が作られていて整備されているので散歩という感じで歩けます。隣の埼玉側には狭山湖がありますがフェンスで仕切られていて行けないようになっています。瑞穂町側は下りると瑞穂の町があります。今回は市場西側から東側にある管理棟まで往復してきました。もっとも西側にはカタクリの湯という日帰り温泉がありますが、来年2月までお休みです。雁塔から入山口に戻りましたが1時間ちょっとでした。八高線の箱根ヶ崎駅から徒歩で往復しました。20分くらいです。

006三角点広場です 三角点広場です

009六道山へ向かいます 六道山へ向かいます

015谷保(里山)です 谷保(里山)です

016古民家(子供たちが大掃除したました) 古民家(子供たちが大掃除したました)

W田、Hみ、H。 W田記
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク