2017-08-13(Sun)

小田代原

8月13日(日) 小田代原に行きました。

冬に行きました雪の小田代原がよかったので、夏に来てみました。竜頭の滝から高山を周囲を小田代湿原(現在は草原になりつつあります)を一回りし、山道を辿って西ノ湖を見て千手ヶ浜へ。ここからは中禅寺湖周回歩道を辿って菖蒲ヶ浜へ行き、竜頭の滝に戻ってきました。赤沼からバスでも行けますが、木漏れ日の中を歩くのは、とても癒されます。カラマツがあるので10月の紅葉時になったらまた行きたいと思っています。W田1名でした。

004竜頭の滝 竜頭の滝

005滝上より高山 滝上より高山

014バス通り バス通り

029外山(2204m) 外山

044展望台からの景色 展望台からの景色

081西ノ湖にて 西ノ湖にて

090千手ヶ浜 千手ヶ浜
 
記:W田
スポンサーサイト
2017-08-05(Sat)

小野子山・十二ヶ岳

8月5日(土) 小野子山・十二ヶ岳ハイキングに行きました。

神田百名山No35 小野子山 北アルプスの奥又白池中止の代替えプログラムとして行ってきました。予報では曇り夕方雨でしたが、曇り時々晴れでした。吾妻線の小野上駅から歩いて雨乞山・小野子山・中ノ岳・十二ヶ岳と4座を巡って一つ先の小野上温泉駅に戻るというコースでした。小野上温泉駅前には「さちのゆ」がありとても便利。難点は登山口までと、下山口からの1時間以上の舗装路があることです。電車だけで行けるのでお勧めです。

016雨乞山山頂 雨乞山山頂

020位の子山山頂にて 位の子山山頂にて

026中ノ岳山頂 中ノ岳山頂

029十二ヶ岳山頂にて 十二ヶ岳山頂にて

M馬、H山、H、Y川、S司、I、Y口、W田の8名でした。W田記
2017-07-30(Sun)

羅臼岳

7月30日(日) 羅臼岳に登りました。

4:30羅臼岳登山口→大沢入口8:00今年は雪なし→8:35広大な羅臼平→9:55岩石の積み重なる急斜面をよじ登り、羅臼岳頂上到着→下山途中の仙人坂を下っている時に、先行パーティーより熊の目撃情報があり、鈴を必死にならしておりました→15:45下山

いい天気に恵まれ、北海道の雄大な山にまた登ることができました。道が、しっかりしていて登りやすかったです。途中の湧水、弥三吉水と銀冷水は冷たく、おいしいかった。羅臼平は、花も豊富でいいところでした。知床すみれは硫黄岳に行 かないとみられないんだそうです。残念!!頂上では、雲で知床連山を眺められず残念でした。1時間くらい粘ったのですが・・・。ウトロや斜里岳の方は見ることができました。 

P7300068.jpg

T畑、S井、T木
2017-07-29(Sat)

大菩薩嶺・小金沢嶺

7月28(金)~29日(土) 大菩薩嶺~小金沢嶺縦走 (神田百名45)

塩山発9:30バスで、登山口下車(約20分)上日川峠経由で、唐松尾根を登る。時々晴れて大菩薩湖まで見渡す事ができ、感激するのもつかの間、ガスで視界が無くなる・・を繰り返えしながらの急登。大菩薩嶺山頂は見晴らしは無く、それでも山頂で「神田百45」の記念写真。雷岩から介山荘まで、見渡す限りの笹原の緑の絨毯は気分爽快。3:20分介山荘着。ビールで乾杯。すると思いがけず小屋から大きな桃のご馳走で、カブリ付く。
二日目は出発時間6:30大雨。石丸峠まで取りあえず進み様子見とした。時々晴れ間、ガスの繰り返しで、取りあえず前進小金沢山8:30分到着。笹原の眺めの良い所は、はじめだけで、倒木が多く、跨いだり潜ったりの連続。湯の沢峠着12:00。天目山温泉着2:10
良い汗を沢山かいた山行でした。

01_201708052304360ff.jpg 見晴らし無いけど達成感がありました。

02_20170805230430566.jpg 昔は、ヤナギラン等の花々が見事だったようだが、鹿の餌となってしまい、今では・・・・。

03_20170805230431486.jpg 介山荘からのご馳走をほおばる、ピーチ娘。感想文に「美味しい!」と書いたので、次の日も一個づつ頂けちゃいました。

04_201708052304327c0.jpg 介山荘の夕食は、食前酒のワインとお代わり自由のカレーです。二人の子ども達の給仕も絶妙に可愛いのです。更にボウルペンの記念品。

05_201708052304342e7.jpg 8:30分自動シャッターで記念写真

参加者:LH道、K初、M孝、W美、O睦  5名

2017-04-23(Sun)

外秩父七峰縦走ハイキング

4月23日(日) 快晴の中、外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加してきました。

申込み参加W田1名+自主参加8名の9名で歩きました。第1CPの官ノ倉山を下りて、和紙の里(食べ物・飲み物の屋台がたくさん出て大賑わい)を通って、延々と舗装された林道を歩き笠山登山口へ。笠山の第2CPまでに3時間半近くかかりました。第3CPの堂平山、第4CPの剣ヶ峰は近かったです。白石峠で時間切れのため白石バス停に下って終了でした。3ついければと思っていましたが、みなさんのおかげで4ついけましたので満足です。8時間半ほど歩きました。

003地図とCPカード 7:41 地図とCPカード 

010舗装路を行きます 舗装路を行きます

017官ノ倉山にて② 官ノ倉山にて

019こんな風に標識がありました こんな風に標識がありました

034花がきれいです 花がきれいです

048笠山山頂にて 笠山山頂にて

056堂平山山頂にて 堂平山山頂にて
 
W田、O江、ON山、W梅、S井、M馬、O田の0名でした。W田記
2017-03-18(Sat)

大嵐山と城山東尾根 (高尾)

3月18日、大嵐山と城山東尾根を歩きました。

このコースは、昨年の登山時報9月号「地元会員特選 ミニガイド」で紹介されていたもので、
昭文社の地図に破線なく、守屋さんの詳細図にもありません。
起点は、以前から気になっていた夕焼け小焼け(*)というところからです。
*:夕焼け小焼けは、ふれあいの里という宿泊できるレジャー施設でした。
高尾北尾根、高尾山領を横切って相模湖へ抜けるコースでした。

ちょっと長めでしたが、楽しく歩きました。
小下沢では、梅林が見頃でにぎわっていました。
001夕焼け小焼けのバス停-s 夕焼け小焼けのバス停
004急騰が続きます-s 急登が続きます
007大嵐山山頂にて-s 大嵐山山頂にて
012関場峠にて-s 関場峠にて
016小下沢梅林-s 小下沢梅林
023千木良の茶店で一休み-s 千木良の茶店で一休み

メンバー:H山、M馬、W田、会員外2名 (記:W田)
2017-02-19(Sun)

獅子ヶ鼻山

2月19日 冬季限定の獅子ヶ鼻山へ登りました。

以前、冬に上州武尊に登った時に見えたたんばらからの尾根。下山後にどうしても気になっていて地図を見ると獅子ヶ鼻山(ししがっぱなやま)というピークがあることが分かりました。鹿俣山より先は藪が密生していて登山道はありませんが、雪に覆われた冬季限定で歩ける貴重な山です。第1週に鹿俣山を目指して車がスタックしたんばらまで入れなかった会山行のリベンジでもあります。
大きく張り出した雪庇の迫力、まっすぐ正面の獅子ヶ鼻山へ続く雪稜の美しさ、寒風で雪煙が巻く冬の厳しさ、目まぐるしい雲の動きから一瞬にして青空が広がる瞬間、武尊本峰、剣ヶ峰を従え聳える獅子ヶ鼻山の壮大な景色、来て良かった・・・。こういう山を歩いてしまうと冬山はやめられなくなりますね。
これを見た人、どうですか一緒に登りたくなったでしょ。是非、神田山の会へ!

1大きく張り出した雪尾 大きく張り出した雪庇

2強風吹きすさぶ頂上へ 強風吹きすさぶ頂上へ

3見事山頂へ 見事山頂へ

4自然が織り成す不思議な雪景色 自然が織り成す不思議な雪景色

5左に武尊本峰、右に剣ヶ峰を従える勇壮な獅子ヶ鼻山 左に武尊本峰、右に剣ヶ峰を従える勇壮な獅子ヶ鼻山

メンバー:KAZ、S司、記:YAMA
2017-02-12(Sun)

権現山

2月12日 権現山に登りました。

用竹より入山し雨降山を経由し、権現山を踏み浅川峠より浅川バス手におりました。9時より16時までの7時間かかりました。最初の908mピークへの登り830mくらいから雪が出てきて浅川バス停近くまで雪が続きました。権現山からのくだりにはアイゼンを使いました。

006雪道を行きます 雪道を行きます

015雨降山山頂にて全員で 雨降山山頂にて全員で

016権現岳にて 権現岳にて

リーダーI井、O江、Hみ、K林、K崎、H山、K立、M馬、W田の8名 W田記
2017-02-12(Sun)

編笠山~権現岳山行

2月11日~12日 南八ヶ岳でY川さんリーダーの雪山ロープワーク講習山行が行われ、編笠山、権現岳(時間の都合のろし場まで)、西岳に登りました。

初日は富士見高原ゴルフ場の駐車場から登山開始。トレースがしっかりついた登山道を編笠山に向けて登りました。この週末は強烈な寒波が来ており、標高を上げるにつれてかなり寒くなりました。樹林帯を抜けて岩場に出るとものすごい風!山頂に到着してものんびり景色を楽しむ余裕はありませんでした。 編笠山山頂から青年小屋へ向かう登山道、そして青年小屋周りはズボズボのラッセル。この日は青年小屋の避難小屋に幕営して、ワイン、炊き立てご飯に寄せ鍋で温まりました。
2日目は権現岳へ向かう登山道の途中でロープワーク講習。スタンディングアックスビレイや立木を利用したビレイの練習をしました。その後、のろし場まで登ってみんなで記念撮影。下山は編笠山経由ではなく登り返しが緩やかな西岳ルートを利用しました。青年小屋から西岳山頂への登山道も踏み抜きの多いラッセルでしたが、西岳山頂から登山口までは登山者が多いらしく、よく踏まれた快適なルートになっていました。

01_20170216222114193.jpg 準備万端で出発!駐車場では青空が見えましたが、、

02_20170216222115dd1.jpg 樹林帯はトレースがしっかりありました。

03_20170216222117c21.jpg 岩稜は風が物凄かった。

04_20170216222118286.jpg 山頂!強風の中、みんな荷物が重たいね~。

05_20170216222120325.jpg 2日目は快晴!

06_201702162223078f5.jpg ロープワークの練習中。

07_20170216222304e60.jpg 富士山が見えるといつも嬉しい♪

08_20170216222306e92.jpg のろし場で集合写真

記:T形

2017-01-29(Sun)

日光高山

1/29に、日光高山に登りました。

東武の浅草6:20発快速に乗って、現地バス停の竜頭滝に到着、
天気は良く新雪がありアイゼン装着し10:18に出発。
竜頭滝の流れは縁が少し凍っていて水量は多い。
竜頭滝_20170129-s
積雪は約30cm、道路からすぐのシカ柵扉から夏道を登る。
トラバースぎみの夏道は分かりにくく、トレースも無くなり小尾根から稜線へ直登した。
予定外の急登の尾根ルートを進む-s
1506mピークの少し西側稜線に11:50到着し小休止。同じように登ってきた2人パーティも小休止。
早くも高山から下りてきた他パーティが1506mピーク方面に下山していった(下山路はトラバースなしのこのコースがよさそうだ)。
尾根にでました2-s
ここから頂上までは少しの起伏の後、元気なW梅さんの先導で直下約150mを登り14:00に登頂。
DSC02741-s.jpg 
日光高山頂上-s
予定していた戦場ヶ原側への下山は、途中まで下ったが急斜面での峠へのトラバースにはトレースがなく、
15:35高山頂上に引き返した。
日がかげってきたので、急いで下山。ヘッドライトを点け17:25にシカ柵扉に到着。
無事に鹿柵に到着できたー!-s
運よくすぐにバスに乗れて、終了した。

メンバー:H山、W田、O江、S井、K崎、W梅、N尾 (記:N尾)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク