2010-08-29(Sun)

甲武信岳から十文字峠へ

8月28日~29日 千曲川源流から甲武信岳へ行ってきました。

千曲川源流は予想以上に涼しかった。そんな源流を辿る事6時間。甲武信岳の山頂に立つと360度の眺望をと期待したが…霞と雲でイマイチ。そんな頂上から100㍍ほど下ったところに甲武信小屋があった。昔ながら山小屋って感じで、小屋のYさんの話によると、増築を繰り返し現在の形に。どこか懐かしさのある山小屋である。そんな甲武信小屋の夕食はカレーライス。食後、小屋のYさんが撮影したという「甲武信の花」が上映された。プロ級の腕前なので驚いたし素晴らしかった。
翌日は快晴、小屋のYさんに見送られて原生林の尾根道を十文字峠に向かう。今では鬱蒼としていた原生林の姿は無い。しかし、黄緑のコケが美しく登山道に映えていた。最初のピークは、埼玉県で一番標高が高い三宝山だ!!周辺は石楠花が群生するらしい。今は石楠花の葉だけだが…。途中、梯子や鎖場などもあり、谷を越えてくる涼風が気持ちよく4時間程で十文字峠に…。一休みの後、八丁坂を毛木平へ2時間かけて、ジクザクな坂を下る。新しく出来た橋を渡れば、そこは毛木平の駐車場。

10甲武信岳1-10 10甲武信小屋005
10甲武信岳.20-1

記:H向
スポンサーサイト
2010-08-29(Sun)

鳥甲山(とりかぶとやま)

8/29に秋山郷にそそり立つ鳥甲山を縦走しました

前夜発で屋敷登山口近くにテント泊し、当日は和山登山口へ移動し鳥甲山(2038m)へ登り屋敷登山口へ下山しました。鳥甲山は、中津川沿いの秋山郷集落を間に苗場山と対峙する位置にあり、その形状は中津川側に1000m以上ガレ落ちている印象的特異なものとなっている。登山道はこの落ちこみの縁にあり、よく整備されていて一部には鎖が伝っている。行程は登り1000m下り1200mで、記録では登り約5時間下り約3時間かかっている。当日は曇りではあったが暑く、休憩時間を含め9時間半かかった。
見晴らしのよい登山道からは苗場山、秋山郷奥の佐武流山や志賀の岩菅山がよく見えた。下山路下部に砂防ダムとは全く違った「雪崩誘導壁」なる大きなコンクリート壁の横を通った(下流の奥深い部落を守るためだろうか?)。
P1050524-s.jpg  P1050526-s.jpg

メンバー:K川、N尾
2010-08-28(Sat)

千曲川源流

8月28日 千曲川源流に行きました。

千曲川源流は甲武信ケ岳に行く途中の遊歩道を歩くピクニック道です。朝7時に新宿駅西口みずほ銀行集合で中央道に乗りましたが、大渋滞で毛木平の駐車場に着いたのが12時少し前でした。ここからのんびり歩いてナメ滝の表示がある所に来たらH向Pが休憩をしているところに出会いました。私たちは時間もないので、先に失礼して源流で遅い昼を取り毛木平に帰ろうとしたらH向Pが登ってきました。なんとH向さんが先頭を切って登ってきました。脱帽です。それで毛木平の駐車場に着いたのは17時30分になっていました。山はもう秋で日が暮れかかっていました。剣のときは20時近くまで歩けたのに。やはり7時集合では遅かったなと反省しています。川上村役場とナナーズ3週続けて通り抜けたことになりました。そうだ、小川山の屋根岩2峰の分岐で見た黄色の花の名前が分かりました。マルバダケフキというのだと同行者が教えてくれました。

056.jpg 057.jpg

メンバー:A田、S藤(記:A田)

2010-08-25(Wed)

仙丈ヶ岳

8月24日~25日 仙丈ヶ岳に登りました。

仙丈ヶ岳に登った。上り4、下り3時間、標高差1000M

塩見岳を下りて伊那市で洗濯。翌朝、友人Yと待ち合わせて仙流荘からバスで北沢峠へ。普段東京側からなら芦安からバスだけど、広々明るくて戸台口は気に入った。

おNEWのテントを試したくてうずうずしてたが この日の仲間は足を痛めていたから山頂近くの小屋に泊まり景色の変化を楽しむことに。

五合目から小仙丈ヶ岳経由、仙丈ヶ岳。山頂からは時間があったので一人で南に続く稜線を行き 大仙丈ヶ岳まで足をのばした。このあたりは鹿害を逃れお花畑。

一昨日登った塩見岳に向かってそのまま歩いて行きたかった。重いテント装備に馴れて今度は仙塩尾根を縦走してみたい。

ちっさい 60.jpg
一番ちいさい e172.jpg

記:K上
2010-08-23(Mon)

塩見岳

8月21日~23日 塩見岳に行きました。

会員外の友人Tさんと塩見岳に登った。南アルプス偵察と、マイテントでテント泊デビュー♪

鳥倉口から三伏峠に登りテント張って二泊。^^三伏峠は標高2560M、日本一標高の高い峠。ここまでの標高差1000M。塩見岳標高は西峰3047M。東峰3052Mだが 三角点が西峰にあるので標高は3047M。1日目塩見岳にピストンして翌朝は烏帽子岳に登り、ご来光を楽しんだ。

・・金曜の夜、前夜泊のつもりで鳥倉駐車場近くの道の駅を探したが見つからず、暗闇で広い駐車場らしき場所をみつけて車を止め、テントを張って仮眠。zzz...・・と思ったら ドサドサ、ガサガサ。。しーん。。。テントの換気口から覗いたけど真っ暗闇。。。テントの換気口は四面すべてに欲しいと思った。無事に朝を迎えると 巨大な大西観音様像のすぐ下のPだった。。。観音様に護られたのか、おどされたのか??

塩見岳山頂でデザートを食べ寛いでいたら団体が尾根を歩いてきた。仙丈ヶ岳から3泊かけてたどり着いたらしい。とんがった尾根を連なって歩いている姿はカッコよかった。次回は私も縦走してみたいと思った。

しおみ4 しおみ5
ちいさいshio11

記:K上
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク