2010-10-24(Sun)

武尊山

10月24日に23日のキャンプ祭参加メンバーと共に上州武尊山へ登りました。

オグナホタカスキー場の駐車場からしばらく雑木林の中を歩き、雑木林を抜けると雪が降ればゲレンデになるであろう荒地が広がり、コンクリート舗装された道が続いている。退屈な道であるが後ろを振り返ればまあそこそこの眺望である。
前武尊山には日本武尊の銅像が無粋な鉄骨の覆堂の下に立っていた。東方征伐の時に立ち寄った伝説があるらしいが、銅像を立てることはないだろう。信心の足りない私には鉄塔と何ら変わらない位置づけである。
尾根道は展望がよく武尊山の峰々の独立火山らしい山体が見渡せる。岩登り的なコースは高度感もありとても良い眺めだった。
頂上は冷たい風が吹いていて動いていないと寒くなってくる。意外と多くの人が居たのでもしや百名山かと思い聞いてみると果たしてその通りであった。山頂付近には過去の火山活動により変成したのだろうスレート状の岩石があり、とても焼肉にちょうど良さそうに思えたので持ち帰ろうかと思ったが重いので止めた。
天気は終始曇りだったが雲の高度が高く下層の空気は澄んでる様で富士山含め遠くの山々がよく見えた。
P1050875.jpg

メンバー:K川、A田、N尾、T木(節)、S村、U田、K上、C井、K立 (記:C井)
スポンサーサイト
2010-10-11(Mon)

雨の下の廊下 阿曾原テント泊

10月10日~11日 黒部川・下の廊下へ行ってきました。

2010年10月10日、K上、F野は黒部ダム駅で富山の友人Yと待ち合わせて下の廊下を通って阿曾原小屋の温泉と紅葉の峡谷を楽しみに行く事にした。
名だたる豪雪地帯の富山の水平路はつい9月の終わりまで残雪が道を塞ぎ、今回も大きな雪渓がアーチを作っていたり 道を塞いでいて 急遽作られたらしいはしごで高巻きして通過したりと 一瞬たりとも気の抜けない集中力勝負の山行だった。
K上は2008年10月に初めて下の廊下を体験していたが 当時は小屋泊で荷物はほとんどなく 天気もよく紅葉真っ盛りだった。しかし今回は紅葉にはまだ早く、雨で川も増水。岩を伝って流れるナメ滝も水量が増して何箇所かは水を浴びつつ通過しなければならなかった。やっと一人通れるかどうかの細くて切れ落ちた渓谷沿いの道を延々行く間には ダムの施設を通ったり ヘッ電無しでは通れない真っ暗で水の溜まった160メートルものトンネルがあったり 温泉の沸く温度で高温になった通路を通り、小さな電車の線路を横切ったり。。 それでもこれだけの非日常の世界もないだろうと 満足のいく山行となった。
富山の友人は富山側からでなく 黒部湖側から一緒に歩いてくれたが、最後に日本海に連れて行ってくれる為に前日宇奈月に車をおき、5時間半かけて電車を乗り継いで黒部に移動していてくれた。感謝。
写真はF野さんと友人Y尾さん。(素敵な写真をありがとう♪)

IMG_0075.jpg IMG_0227.jpg

IMG_0192.jpg IMG_0350.jpg

(K上 記)
2010-10-11(Mon)

谷川岳

10月10-11日 谷川岳に行ってきました。

計画では平標山まで縦走するつもりでした。天候が悪く結局天神尾根を往復しただけでしたが、雲の晴れ間から思った以上の紅葉見学を堪能することが出来ました。

031.jpg 047.jpg

L.S井,O江,M馬,k川。
2010-10-11(Mon)

奥鬼怒沼から物見新道

10月10日~11日 日光沢温泉から尾瀬大清水へ行ってきました。

奥鬼怒温泉郷の中で最奥にある温泉宿で、2時間歩かなければ行けない秘湯である。昭和の山小屋のような温泉宿で登山者に人気があり、この日も満室!!内風呂は男女別でグレー色。露天風呂は無色透明と乳白色2ケ所。混浴であるが今では時間制との事。T節氏は宿主と懇意らしく、夕食時にビールの差し入れを受けた。大感激。
朝方雨が降った。朝焼けもあった。チョット不安になったが天気図を信じて出発。いつもなら、紅葉で山は映えている筈が、今年はこれからという感じでイマイチ。しかし鬼怒沼の草紅葉はみごとに映え、その向こうに根名草山や白根山の勇姿が、写真を撮ろうとすると、カメラの電池切れと来た!!慌てて携帯で撮ったが…。物見山を越えると登山道は一変した。噂では聞いていたが物凄い急坂である。岩や木に掴ったりしながら、それに加えて長雨で岩は濡れ、露出した木の根は滑るし、落ち葉も水をたっぷり含んで滑りやすいので気が抜けない。もう景色を楽しむ余裕なんか無い。湯沢の出合まで一気に下っている。標高差約900㍍。3時間のタイムであった。小さな沢を渡渉して林道となったら、今度は空腹を感じて辛かったです。久しぶりに緊張感のある山行を味わいました。
年寄りは行くルートでは無いですよ。

10八丁池001 奥鬼怒沼から白根.100-20a
GPS奥鬼怒物見山.gdb-2-22

L)T節、I井、H向、  H向(記)
2010-10-08(Fri)

妙義山

10月8日 妙義山に登りました。

どんよりと曇りの中を、妙義山を1周してきました。行きは、上部の登山道をたっぷりと鎖を楽しみました。帰りは、中間道をハイキングしながら妙義神社へもどりました。一部鎖の無かった金洞山も全て鎖が付けられていました。


妙義山 11鎖場(Y)

16相馬岳(WY) 24中ノ岳の下り

記:W田
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク