2011-08-29(Mon)

秋田駒ケ岳

8月26日-29日 男女岳から孫六温泉まで縦走してきました。


26日(晴) 田沢湖キャンプ場でキャンプ

27日(晴) 始発バスで八合目へ…。紺碧の空!濃緑の山脈!そして夏の太陽!最高の登山日和。最初のピーク。男女岳? 秋田駒ケ岳…山頂からは眼下に田沢湖。遠くには森吉山、岩手山。手前には、これから辿る乳頭山が…この縦走路は予想以上に悪かった。登山道はV字に掘られていて滑るし、その上夏草が覆い足元が見えない。湯森山を越えるころまでは順調だったが、笊森山の登りになるとHのピッチがガタっと落ちた。乳頭山に着いたころには、もう終バスの時間に間に合わない。いつもギブアップするT氏、今回は調子が良く、何度も来ていると言うので、孫六温泉がキープできるか?先行させる。孫六温泉への下山路もまた悪い。張り出した木の根っこがスタンスにして慎重に…ついに日没。また、さらにスペースダン。しばらくして、Tから孫六温泉の予約OKの連絡が、みんなでホッとすると同時に転倒しないよう注意しながら下る。温泉の灯りが見えたころ、俺の左足は鉛のように重くなっていたが、13時間の縦走は快適そのものだった。遅くなった私たちに孫六温泉の皆さんは食事の用意までしてくれていた。感謝!感激である。

28日(晴) 昼前、ベースに戻る。そして今日は自由行動。KさんIさんは湖畔のサイクリングへ。俺とKはTVによく放映される入乳温泉の鶴の湯へ…来て見れば観光客で一杯。露天風呂の周りは男の裸体がずらりと、異様である。その中のひとりになった。

29日(晴) キャンプを撤収、東京までロングドライブ。


秋田駒ルート30-1
11秋田駒2-20 11秋田駒3-2-2
秋田駒・田沢湖-1-20 孫六の湯-1

L:H向、K崎、T木、I井   (記:H向)

スポンサーサイト
2011-08-16(Tue)

キリマンジャロ

8月5日~16日の12日間 アフリカ・タンザニアのキリマンジャロに挑戦してきました。

 通常のルートではなく、ケニア側のロンガイゲートから入り、山中4泊のテント泊をしてようやく登山口?ともいえるギボハット(4703m)に到着(写真2454はサードケイブ3800mのテント場で、後方にキリマンジャロが写っていますが、頂上の氷河が雲に隠れてしまいました。中段の写真はギボハットの大テンに到着したところです)。

 夜中の12時に出発し、真っ暗な中、ヘッドランプの明かりを頼りに高度を上げ、5500mを過ぎた頃から急に高山病の症状が現れ、苦しいなか、ようやく朝7時前に登頂証明書がもらえるギリマンズポイント(5682m)に到着。(あいにく私のカメラは寒さで作動せず、写真はありませんが、後日、仲間からもらいます。)

 8人のうち4人は頂上のウフルピーク(5896m)を目指し、私を含む4人は高山病のため急いで下山開始。(下段の写真は、下山途中から撮ったキリマンジャロの正面にそびえるマウェンジ山4330mと、下の方にギボハットの山小屋が小さく見えます)。10時半にギボハットのテントに到着。さらに帰路のマラングゲートを目指し、ホロンボハット3720mまで4時間下山。長い長い1日でした。翌日、さらにマラングゲートまで7時間の道のり。キリマンジャロは遠かった~!でも最高の夏休みでした!

CIMG2454.jpg
CIMG2483.jpg
CIMG2485.jpg

記:K田
2011-08-16(Tue)

見てよし 登ってよし 利尻富士

8月16日 利尻山に登ってきました

 利尻山はすがた形の美しい山です。左右に稜線を長くひいた形、特に洋上に浮かぶ利尻島と山はきりっとしてとても格好よろしい。夕日の中に稚内のノシャップ岬や西海岸に浮かぶ姿、島に渡るフェリーから見る姿は素晴らしい。登るモチベーションを沸き立たせてくれます。
 登山当日は13:10鴛泊港発のフェリーで利尻島にわたる予定だったため、午前5時に出発し11時4分には下りてくる、少々せっかちな登山になってしまいました。花好きな人には「何ともったいない」と言われそうですが、花の代わりに景色を楽しんで登りました。

【コース&タイム】
北野野営場5:05~7:10長官山7:20~8:30利尻山頂上8:55~11:40北野野営場

IMGP0922.jpg IMGP0986.jpg

記:Y川
2011-08-14(Sun)

剱岳でクライミング

8月11月~14日 剱岳のクライミングに行きました。

4月から、週イチのペースで室内壁に通うなど、真面目にクライミングの練習をしていた成果をたしかめようと、8/11-14の日程で、聖地・剱にアルパインクライミングしに行きました。

1日目:扇沢駅~(黒部アルペンルート)~室堂駅→剱沢小屋
2日目:剱沢小屋~~(剱沢雪渓→長次郎雪渓)~八つ峰6峰Cフェース登攀~八つ峰上部縦走~池の谷乗越(ここでビバーク)
3日目:池の谷乗越~池の谷ガリー~チンネ左稜線登攀~(長次郎雪渓→真砂沢)~真砂沢ロッジ
4日目:真砂沢ロッジ~(真砂沢~剱沢雪渓)~剱沢小屋~室堂駅~(黒部アルペンルート)~扇沢駅

2日目の6峰Cフェースでは、快晴の中出だしも早く快調に登攀できましたが、3日目のチンネ左稜線では、朝の天気があまりよくなく、様子をみているうちにスタートが遅れ、結局全9パーティの最後の1組となった。渋滞で待ち時間も長く、ガスがちで展望もなかったけど、でもちゃんと登れて嬉しい!

翌日は天気も良く足取りも軽く、扇沢には12時半ころには到着したけれど、その後の東京への帰路が中央道大渋滞で大変でした。いやーお盆は、ルートも高速道路も渋滞だ!

Cフェースは晴天
チンネ左稜線 核心直前 チンネ左稜線リードする岩瀬さん

記:S田
2011-08-12(Fri)

西沢渓谷

8月12日 真夏の西沢渓谷へ行ってきました。

高速道は大渋滞!!
西沢渓谷入り口に着いたころは昼直前!!
照りつける真夏の太陽は厳しいが、吹き付ける風は心持良く、マイナスイオンと森林浴とで山は涼しかった!!チョットした癒しにも成った。
帰りはまた渋滞に巻き込まれた。さらに事故渋滞に遭いダブルパンチ!!中央道の慢性的な渋滞にはいつも閉口する。

11西沢渓谷1-2-2

11西沢終了-1-2 GPS西沢渓谷3-1-2

L)H向、I井、他1名     記) H向
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク