2015-12-29(Tue)

黒斑山、水ノ塔山

昨年12月29日~31日、高峰山行です。

今年は三日間最高の天気でした。雪は少なく10㎝ほどしか積もっていなくて、スキー場は人工降雪機を使っていました。
標高は2000mですが、暖かい年末で過ごしやすかったです。八ヶ岳、富士山、アルプス連山などを見渡す事が出来ました。
1-s 表尾根から登りました。左側が「トーミの頭」。
2-s 雪が少なくて、スノーシュウは必要無かったです。いつもは左側の樹は雪に覆われています。
3-s 浅間山は噴煙が上がっていました。
4-s 露天風呂からの夕陽は美しかったです。

参加者:YS,MH,KT,MO(記:MO)
スポンサーサイト
2015-12-19(Sat)

幕岩 悟空スラブ岩トレ

12月19日 会員外2名と幕岩でマルチピッチ練習が出来る悟空スラブに行って来ました。

桃源郷から左の大滝フェイスを通り過ぎ、どんどん山を登っていくこと10分ほど。最後は踏み後に近い道ですが、悟空スラブの下に出ます。

最初の1ピッチは緩やかで手は補助程度に使うレベル。ビレイポイントは2つあります。
pic18467.gif

2ピッチ目も緩やかな岩場でのビレイ点は4つあるのでお好きなところをどうぞ。1ピッチと2ピッチを足すと50mをやや越える長さなので、やっぱり切らないと厳しい。

写真は3ピッチ目の始め。ここからやっと岩登りらしくなります。
pic06334.gif

3ピッチ目と4ピッチ目はつないでも50m以下なので一気にいけます。終了点から太平洋、初島、伊豆大島、三浦半島などが一望です。
pic26500.gif

終了点から2回の懸垂下降で下まで降りますが、1・2ピッチ計は50m以上あるので、開始点のちょっと上までしか届きません。末端処理を忘れないように。そこからは岩の横のブッシュを開始点まで下ります。

冬型の気圧配置でしたが、昼間の幕岩は暖かいです。

(K藤)
2015-12-13(Sun)

谷川岳雪訓

12月12日~12月13日 会雪訓

参加者16人、講師1人、他1人(講師の知り合い) 計18人

[初日 車中]
06:30 例会会場前集合場所より、マイクロバスで出発。会メンバー16名の大所帯。リーダーより折からの雪不足と、それに輪をかけるような前日の雨で谷川岳には雪がないとの情報が。これは無雪期登山の危機か・・車中、遠くに望めた山は朝日岳だったか。今回ばかりは冠雪している山並みが疎ましい。でもよい眺め。

[土間~天神平]
09:30 土間山ノ家前で講師とその友人の方と合流。装備を整え、谷川岳ロープウェイから天神平へ。やはり雪は少ない。当初はラッセルや滑落停止などのメニューが予定されていたが、やはりそれらの実施は厳しく、山頂を目指しての雪上歩行訓練に変更となった。講師からのメニュー説明を受け、いざ出発!

[熊穴沢非難小屋]
講師から雪山の危険箇所や地形の読み方などの説明を受けながらの小気味よい山行。熊穴沢非難小屋で小休止し、ここからはアイゼン着用。ここまで登ってくると思いのほか雪が残っており、冬山らしさが出てきた。

[谷川岳 八合目]
アイゼンを着用しての雪面、岩場の歩行。やはり実地はためになるし、何より楽しい。14:00 八合目付近でタイムアップとなり下山。
講師からは滑落停止の実地レクチャーがあり、さすがの身のこなし。か、カッコいい・・。谷川岳の登頂が果たせなかったのは残念だったが、快晴で眺めも良く、なにより自分もアルピニストになりきれたのが感慨深かった。
※投稿者は前週に観た「エベレスト 3D」の影響を多分に受けています。

[土間山ノ家]
17:00 今日の宿泊場所である土間山ノ家に到着。お風呂、食事、懇親会と、みんな良く飲みよく喋る。みんなの山ヤパワーに圧倒されつつも楽しい時間。22:00過ぎ就寝。

[二日目 土間山ノ家の裏斜面]
5:30 起床。食事と装備を済ませて7:00土間山ノ家前集合。二日酔い・・。裏の斜面を利用しての、ピッケル登攀~トラバース~懸垂下降の訓練。その後、ロープワーク、アックスビレイ、ビーコンの講習と充実のメニュー。
12:30 雪訓の全講習終了。ロープワークや機材の名称、使い方など、基本的なことすら知らないことが多々あり、勉強不足を痛感。でもパーティで山に入った際、未熟なりにも「状況に応じた自分の立ち回り」を知っておけば、結果としてパーティ全体の負担を軽くすることができるという事を知ることができた。

[土間山ノ家前]
13:00 講師の方に挨拶を済ませ、帰京。今回、雪の無い中、充実した講習作りの為に奔走してくれた講師の方と会の皆さんに感謝です。ありがとうございました!今回の講習を活かすべく、年明けは北八ッに挑戦だ!!

①空の青 空の青

②谷川八合目より下界を望む 谷川八合目より下界を望む

③滑落停止講習 滑落停止講習

④樹氷 樹氷

⑤初日終了! 初日終了!

⑥登攀~トラバース~懸垂下降 登攀~トラバース~懸垂下降

⑦慎重に・・ 慎重に・・

⑧無事降下 無事降下

⑨二人は仲良し? 二人は仲良し?

⑩お疲れ様でした! お疲れ様でした!

(記:H本)
2015-12-12(Sat)

陣馬山

12月12日 一転、晴れに変わって暑いくらいの中で陣馬山に登りました。

相模湖駅より明王峠を通り陣馬山に登りました。帰りは栃谷尾根を下り、奈良本峠からイタドリ沢の頭を辿り、藤野駅に下りました。奈良本峠からの下りの途中で道迷いのハイカーを一人加え一緒に下山しました。2時間ほど彷徨ってビバークを覚悟していたそうです。奈良本峠越えは登山道が分かりにくく結構厳しかったです。GPSのおかげで迷わず下山できました。

001相模湖駅高架橋 相模湖駅高架橋

012休憩の四阿 休憩の四阿

016元気な笑顔 元気な笑顔

020陣馬山山頂 陣馬山山頂

037登山道出口 登山道出口

K崎、W梅、W田、会員外5名 W田記
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク