2016-02-28(Sun)

湯桧曽川幕営ハイキング

2/27-28 湯桧曽川幕営ハイキングに行きました。

土合駅までの道は乾いていました。土合駅も道の両側に雪が残るだけで無事駐車できました。駅で身支度を整え出発。土合橋脇から入りました。雪が例年より3m少ないので、すぐに雪が切れて渡渉に。湯桧曽川は水が流れていました。マチガ沢でも渡渉に。一ノ倉沢と湯桧曽川の出合にテントを張り、寄せ鍋で夕食。翌日はうどんを食べ一ノ倉沢の見学に。一ノ倉沢も流れがあり数回の渡渉をして一ノ倉沢を見ました。帰路、一ノ倉の雲が取れてはっきりと見え感激。

003道に雪が無い土合駅 道に雪が無い土合駅

012もうすぐ一ノ倉沢 もうすぐ一ノ倉沢

013絶景 絶景

018一ノ倉への出発前 一ノ倉への出発前

031一ノ倉沢だ 一ノ倉沢だ

034一ノ倉沢をバックに 一ノ倉沢をバックに

042一ノ倉の雲が消えた 一ノ倉の雲が消えた

S村、O江、K田、W田記
スポンサーサイト
2016-02-27(Sat)

蓼科山・北横岳

2/27(土)~2/28(日) 蓼科山・北横岳に行ってきました。

1日目ルート: 女神茶屋(9:00)→蓼科山(12:00)→女神茶屋(14:30)
2日目ルート: ピラタス(7:30)→山頂駅(8:50)→北横岳(10:00)→三ッ岳(10:50)→縞枯山荘(11:40)→ピラタス(13:30)

1日目:蓼科山
Y口さんの車にピックアップしてもらい、一路北八ヶ岳へ。
女神茶屋の登山口より蓼科山頂を目指します。
    01_女神茶屋登山口にて-s 女神茶屋登山口にて
先週降った雨の影響か、積雪は少なく岩が剥き出しの状態。
    02_雪のない岩場を進む-s 雪のない岩場を進む
気温も高く、春山のような雰囲気です。
中間地点の平坦地を越え視界が開けるが、遠くの山々が霞んでしまっているのが残念。
アイゼンを装着し、山頂直下の急登に難儀しながらも蓼科山頂に到着!
    03_頂上直下の急登-s 雪のない岩場を進む
    04_山頂まであとわずか-s 山頂まであとわずか
    05_蓼科登頂!-s 蓼科山登頂!
山頂からは八ヶ岳連峰、そして明日登る予定の北横岳が望めます。
山頂の広場をぐるり一周し、蓼科ヒュッテ横で昼食をとり往路を下山。

この日は蓼科湖畔の宿に一泊。
夕食はY口さんが電気鍋持参(!)で豆乳鍋をつくってくれました。
秘密の白い粉を入れると豆乳も野菜もとろっとろ。
とってもやさしいお味です。
    06_Y口さんの豆乳鍋(イメージ)-s Y口さんの豆乳鍋(イメージ)

なお、豆乳鍋の写真を撮り忘れたことに気付いたのは、鍋の雑炊を美味しくいただいた後でした・・
山談義で盛り上がり、22時に就寝。

2日目:北横岳
朝食をすませ、車でピラタスまで移動。
登り始め一時間程でロープウェイ山頂駅に到着。
そこにはいつか見た山雑誌に出てくる「あの」銀世界が!
例年に比べると積雪が少ないとはいえ、雰囲気は十分です。
    07_北横坪庭-s 北横岳坪庭
坪庭から樹林帯へと雪に遊び、北横岳山頂へ。
    08_樹林帯を進む-s 樹林帯を進む
    09_北横登頂!-s 北横岳登頂!
昨日と同様、遠くアルプスは望めませんでしたが、蓼科山が登頂を迎えてくれました。
その後、分岐を華麗にスルーしそうになりながら、三ッ岳経由で縞枯山荘へ。
    10_三ッ岳岩稜20-s 三ッ岳岩稜
    11_縞枯山荘到着-s 縞枯山荘到着
おしること甘酒をいただきながら、昨日・今日の山行を振り返り、話に花を咲かせました。
    12_お疲れ様でした-s お疲れ様でした
    13_スキあり!-s スキあり!

行ってみたいと思っていた冬の北八ヶ岳は変化に富んだ楽しいコースでした。
今回車出しから装備のアドバイスから食事の用意まで細やかな心配りをしていただいたY口さんに改めて感謝です。
皆さん、楽しい山行ありがとうございました!
(ところでY口さん、あの白い粉って一体・・)

メンバー:リーダーY口、K林、O山、H本 (記:H本)
2016-02-21(Sun)

阿弥陀岳 南稜

2/21(日)、八ヶ岳の阿弥陀岳南稜に行きました。

ルート: 舟山十字路~立場山~P3~阿弥陀岳頂上~御小屋山~舟山十字路

01舟山十字路からスタート。雪なし。-s 舟山十字路からスタート。雪なし。
02ちょこちょこ道標があってわかりやすい。-s ちょこちょこ道標があってわかりやすい。
03立場山。ここまでで帰ることも考えていたら予想外のいい天気。-s 立場山。ここまでで帰ることも考えていたら予想外のいい天気。
04-s  
05ガスの向こうに見えてきた。-s ガスの向こうに見えてきた。
06-s  
07最初の核心。-s 最初の核心。
08-s  
09P3手前。ここから右に登っていく。アイゼンの前爪でひっかけながらピッケルとバイルを使って-s P3手前。ここから右に登っていく。アイゼンの前爪でひっかけながらピッケルとバイルを使って。
10抜けるような青空。-s 抜けるような青空。
11トラバースを慎重に進む。-s トラバースを慎重に進む。
12もうすぐ山頂。-s もうすぐ山頂。
13阿弥陀岳登頂!思わずガッツポーズ!!-s 阿弥陀岳登頂!思わずガッツポーズ!!
14今年何度目かの赤岳。雪があってこの日が一番きれい!-s 今年何度目かの赤岳。雪があってこの日が一番きれい!
15-s

急登ですべりそうになりながらも頑張って登り、達成感はひとしお。雪山の楽しさを改めて感じた山行だった。
(しかしながら下山は長かった。)

メンバー:リーダーY川、ジャイアン、S上(記:S上)
2016-02-14(Sun)

日光雲竜渓谷

2/14(日) バレンタインデー。日光 雲竜渓谷に行ってきました。

8人の女子会。雨上がりの車窓から見える虹に、大はしゃぎしながら東武日光駅へ向かいます。この時の私たちはまだ、このあとに待ち受ける過酷な山行を知る由もありませんでした。。。

東武日光駅から登山口までは予約していたタクシーで移動しました。雪少ない、天気(予報通り)雨、ガスって視界も悪い中、長い林道のアプローチを、尽きない楽しいおしゃべりであっという間に分岐に到着しました。

01_20160219212816dd9.jpg

沢を行くか林道を行くか、悩んだけれど時間的なことを考えてショートカットの沢へ。

02_2016021921281005d.jpg

すると、いつもなら雪で埋まっている沢がこの暑さで雪が溶けて濁流になっていましたが、なんとか展望台に到着しました。

03_20160219212820522.jpg

お昼を取って、氷瀑までさらに前進。水流も強く撤退が頭によぎりましたが、ベテランの先輩達がロープを張ってくれ、O江さんが華麗に果敢にトップを行ってくれました!かっこいい!!

04_20160219212806ead.jpg

幾度と繰り返す渡渉。ベテランのH山さん、K﨑さんは余裕です。ビギナー5人はついていくのが精いっぱいでした。

05_20160219212815f5e.jpg

やっと出会えた氷瀑は、溶けてドロドロにも関わらず大感動しました!しかし今にも崩れそうなので安全のため撤退を決めました。



帰路は、いつもニコニコ笑顔のW梅さん、勢い余って沢へ落ちかけると、H山さんに「笑ってるから落ちるのよー!」とお叱りを受けつつも、全員無事に沢へ落ちることなく展望台へ戻れました。撤退ながらも何かやり切った達成感に満たされ、来年また行こうと心に決めました。集合写真。若干、EXILE風。

06_20160219213018db3.jpg

メンバー:S上、S村、W梅、K崎、O江、H山、K林、O山 (記:S上)
2016-02-13(Sat)

大山ハイキング

2月13日 大山にハイキングに行きました。

危ぶまれた天候も晴れに好転してハイキング日和に。これまで昨年から会社の同僚を誘ってのハイキングは全て天候に恵まれていました。この日も晴れて記録更新です。初めての阿夫利神社です。丹沢フリーパスAを購入したのでケーブルカーを往復利用するというお気楽登山でした。頂上間近から雪が出始め道は泥と雪交じりになりました。山頂でお昼を食べ見晴台経由で下山しました。見晴台へのルートは雪が多く残っていてアイゼンを使いました。お助け紐を使って安全に配慮して下山しました。

003下社

019もうすぐ山頂です

022山頂にて

W田、会員外6名
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク