2016-04-30(Sat)

大峰山縦走 奥駈道

ゴールデンウィークを最大限利用して4泊5日(4/30-5/04)で念願の大峰奥駈をしてきました。

吉野の山奥で最後の山桜、新緑、つつじ、苔の緑、芽吹きの稜線、しゃくなげと季節の移りを体感し、
ロングトレイルをつらさも含めて満喫。
ラストは熊野川を歩いて渡りました。
写真 1大峰奥駈開始 大峰奥駈開始
写真 2新緑の山上ヶ岳から吉野方面-s 新緑の山上ヶ岳から吉野方面
写真 3苔の道-s 苔の道
写真 4岩場に綺麗な花が-s 岩場に綺麗な花が
ゴールの熊野本宮大社-s ゴールの熊野本宮大社
熊野川を歩いて渡る-s 熊野川を歩いて渡る
メンバー:K藤(単独)
スポンサーサイト
2016-04-29(Fri)

北岳

4/29(金)~5/1(日)、北岳に行ってきました。

ルート:
【1日目】奈良田ゲート(6:30)→あるき沢登山口(9:10)→池上御池小屋(12:00)→2600m地点(15:50)→テント泊
【2日目】2600m地点(5:50)→ボーコン沢の頭(6:30)→八本歯のコル(7:50)→北岳(9:50)→ボーコン沢の頭(12:45)→2600m地点(13:15)→テント回収→出発(14:00)→池上御池小屋(16:00)→あるき沢登山口(17:50)→テント泊
【3日目】あるき沢登山口(7:00)→奈良田ゲート(10:10)

GW前半戦は自身初の南アルプス、残雪の北岳に挑戦です。
前泊の夜「相当キツイよ?」と心配してくれたS司さんの一言を
  「大丈夫っすよ~」ヽ(´∀`)ノ
と聞き流してしまった僕は愚かだったのでした・・

【1日目】:
前泊した道の駅みのぶより奈良田ゲートへ移動。
準備運動を済ませていざ出発!・・と思いきや、なんとゲートが開かない!?
「さっきまでいた先行者はどうやって通ったんだろう?」と不思議に思っていると、
S田さんがゲートの解除方法を発見。何でも物事は多角的に見ることが大切ですね。
この時期はまだバスが開通しておらず、あるき沢登山口までは3時間の林道歩きとなる。
01_林道を行く-s 林道を行く

途中、先行していたグループに追いつく。
話を聞くと、山には登らず渓流釣りを楽しむとのこと。
そのグループは移動用にキックボードを持っており、すいすいと林道を進んでいく。
折りたたみ式のキックボードは携帯性が良く、登山口までの移動にも便利そう。
Y川さん、神田でも会装備として購入を検討してみてはいかがでしょう?
02_出た~!-s 出た~!

あるき沢からは本格的な登山道が始まる。
03_あるき沢登山口にて-s あるき沢登山口にて
いきなりの急登から倒木を跨ぎ、潜り、細道をへつりの障害物競走。
さらにテン泊装備が重く圧し掛かってくるのでこれはキツイ。。
出発より5時間強で中継地点となる池上御池小屋に到着。
04_池上御池小屋着-s 池上御池小屋着
05_小休止-s 小休止
約2000mとなるこの地点に雪は全く残っておらず、飲み水となる雪を確保するため、
この日は当初予定していたよりも高度を上げる必要性が出てきた。
小屋前で小休止の後、雪を求めてのさすらい再開。

苦しいカラダに追い討ちをかける急登、そしてシャリバテ。
2300m辺りからちらほらと雪が出てきたが、十分な飲み水を確保するには心もとない。
先に来る限界は森林か自分か、と弱気になっていた2600m地点。ついにベストなテン場を発見!
間ノ岳、農鳥岳、さらに遠く富士山が望める最高の立地。雪も十分です。
06_雪を求めて2600m-s 雪を求めて2600m
テントで宴会の後、夕食にはS田さんの豚汁を美味しくいただき、21時に就寝。
07_宴会inテント-s 宴会inテント
08_S田さんの豚汁-s S田さんの豚汁

【2日目】:
4時30分起床。快晴、断続的な強風。
09_テン場の朝-s テン場の朝
朝食と身支度を済ませ、6時北岳アタック開始。
10_北岳へ!-s 北岳へ!
ハイマツの道を進み、ボーコン沢の頭へ。強風はこの地点がピークだったように思う。
11_ハイマツ帯を進む-sハイマツ帯を進む
12_ボーコンの頭-s ボーコンの頭
ついに全容を現した北岳を眺めながらアイゼン装着。
個人的に核心と考えていた八本歯のコルは、ほとんど雪が張り付いておらず岩肌がむき出しの状態。
切れ落ちた危険箇所はあったが、思いのほか余裕を持って通過することができた。
13_八本歯のコルを越えて-s 八本歯のコルを越えて

頂上直下の雪面の急登ではトラバースを避け直登を選択。
急斜面は固くしまっており、滑落すれば簡単には止まれそうにない。
ピッケルを刺し、トレースに足を蹴り込みながら一歩ずつ慎重に登っていく。
14_頂上へ詰める-s 頂上へ詰める
15_頂上直下の急登-s 頂上直下の急登
そして9時45分、北岳登頂!
頂上からは甲斐駒、仙丈ヶ岳、中央アルプスと素晴らしい眺望。
16_北岳登頂!-s 北岳登頂!
10分程滞在の後、下山開始。
17_下山開始-s 下山開始

下りでは登りでパスしたトラバースを経由。ここも結構なビビリポイントでした。
Y川さんからダガーポジションの指導を受けながらトラバースを通過。
実際ダガーポジションの方が、先端部と柄の2点で確保が効くため安定することが分かった。
やっぱり実地は大切だなと思いつつも、映画のようにピッケルを打ちつけたくなるのはご愛嬌です。

無事テン場まで戻り、テントを回収。
この日の内にあるき沢登山口まで下山することとなったのですが、ここからが真の限界への挑戦でした。
回収した装備を背負っての急坂下りは負担が大きく、昨日からの疲労の蓄積も重なり、太ももから悲鳴が。
Y川さんにナトリウムを投入してもらい、S田さんに伴走してもらいながら、
なんとかあるき沢登山口まで下りきったときには、しばらく身動きできない状態でした。
  (つД`) モウ オリナクテイインダ・・
行動時間12時間、よくやった自分!
18_終点あるき沢橋前-s 終点あるき沢橋前
19_終点ですよ?-s 終点ですよ?

下山後はあるき沢橋の道路脇にテントを張り、林道を占有しての宴会です。
お酒、おつまみ、BGMとフェスのような楽しい一夜。
S上さんのミネストローネも旨かった!
20_宴会on林道-s 宴会on林道
21_S上さんのミネストローネ-s S上さんのミネストローネ

【3日目】:
7時に奈良田ゲートに向けて行動開始。
カラダは重いが、ここまで戻ってきていればと気持ちは軽い。
帰路桜の花びらに見送られ、10時15分 奈良田ゲート到着。
22_そして奈良田へ-s そして奈良田へ
23_お疲れ様でした!-s お疲れ様でした!


初の南アルプスは懐深く、それだけに達成感も一番の山となりました。
今回ご一緒させていただいた皆さん、楽しい山行ありがとうございました。
お疲れ様でした!

メンバー:リーダーY川、S司、S田、S上、H本 (記:H本)
2016-04-29(Fri)

大台ヶ原 大杉谷

4月29日~5月2日、2014年に復旧開通した大杉谷を登りました。

29日、名古屋から三瀬谷に入り、翌日にタクシーで大杉谷登山口へ。
そして鎖場の連続。日本一雨が多いので滝も数えきれない。いく筋も、いく筋も・・・。
新緑と登山道左側に美しいエメラルドグリーンの渓谷。
足場に気をつけながら、写真もたくさん撮りました。
01大杉谷登山口を出発-s 大杉谷登山口を出発
02直ぐに鎖場。この後も結構連続の鎖。-s 直ぐに鎖場、この後も結構連続の鎖
03わ―綺麗!  皆さんでパチリ!-s わ―綺麗! 皆さんでパチリ!
04神秘的な場所でした。(シシ淵)-s 神秘的な場所でした(シシ淵)
05千尋滝(天空の滝)-s 千尋滝(天空の滝)
06桃の木山の家・渓谷沿いのつり橋を渡って。-s 桃の木山の家、渓谷沿いのつり橋を渡って
07堂倉の滝 マイナスイオン100。-s 堂倉の滝 マイナスイオン100
08H16年9月・台風21号、崩落現場通過-s H16年9月・台風21号、崩落現場を通過
09大台ケ原山頂・日出ヶ岳 百名山-s 大台ヶ原山頂 日出ヶ岳(百名山)

記:O江
2016-04-29(Fri)

裏筑波連山縦走

4月29日から30日にかけて、裏筑波連山を北から南へ縦走しました。

筑波山縦走ができるとは、思いも寄りませんでした。
誘われて参加しましたが、標高はたいしたことはないですが距離が長かったです。
1日目は水戸線の岩瀬駅からきのこ山まで18Km、2日目はきのこ山から女体山を越えてつつじヶ丘まで12Kmを歩きました。
初日に幕営地の湯袋峠までたどり着けず、きのこ山で幕営。
翌日は女体山へ登りましたが、観光客で頂上は大渋滞でした。
ツツジ高原への路の登りは登山者で長蛇の列でした。
天気も良く、楽しい2日間でした。
001岩瀬駅にて-s 岩瀬駅にて
028ツツジの先に筑波山-s ツツジの先に筑波山
065足尾山にて-s 足尾山にて
070きのこ山にて幕営-s きのこ山にて幕営
091山頂にて-s 山頂にて
104下山しました-s 下山しました

メンバー:HYS、H山、K田、S藤、O山、W田の6名(記:W田)
2016-04-09(Sat)

弘法山

4月9日 弘法山に登りました。

天候に恵まれ、最後のお花見になりました。弘法山は神奈川のさくらの見どころだそうで、多くの人が訪れていました。桜はまだ十分見れました。弘法山手前の権現山の方が桜が多く山頂も広いのでお花見でにぎわっていました。あやめも咲いていました。弘法山でお昼を取り、吾妻山を経て鶴巻温泉まで歩きました。

010浅間山山頂 浅間山山頂

014大山をバックに浅間山の桜 大山をバックに浅間山の桜

015あやめ あやめ

022権現山山頂を見る 権現山山頂を見る

記:W田
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク