2016-05-29(Sun)

はじめての二子山中央稜

5月29日、二子山へ岩学校の同期とオールリードで行って来ました。

問題の3ピッチ目の核心部分は、ヌンチャクで1回だけレストしてしまいました。
でも7ピッチリードして、いい経験になりました。そして楽しかったです。
DSC_0354.jpg

メンバー:K藤
スポンサーサイト
2016-05-29(Sun)

茂窪谷

5月29日 奥多摩の峰谷にある簿窪谷を登ってきました。

アプローチの林道は凸凹のためひやひやしながら行きました。沢は、途中3段の大きな滝があり1段上って捲きました。小滝が多く楽しめましたが終了点の登り返しが長くきつかった。上から見たらガレの崖でした。下山もモノレール沿いに下りましたが、こちらも急でした。

IMGP0109.jpg

IMGP0116.jpg

mokubo18.jpg

W田、H、Y口の3名でした。
2016-05-21(Sat)

皆子山(みなこやま)

5月21日、京都府最高峰の皆子山に登りました。

新宿発、夜行バスで京都へ。やっと京都府最高峰「皆子山」に登る事が出来ました。
位置的には頂上からは琵琶湖が望め、西南に下れば京都大原「寂光院」にたどり着く事が出来ます。
よい天気で、北山杉等の樹林帯を気持ち良く歩く事が出来ました。
登山口からいきなり急登、約3時間で頂上。登山者は少なく数人と頂上で出合い、写真のシャッターを押してもらいました。ゆっくり1時間ほど休みました。
その後、寺谷出会までの沢コースを下りました。
バス停から皆子山登山口へ-s バス停から皆子山登山口へ
琵琶湖方面を望む-s 琵琶湖方面を望む
皆子山 山頂971.5m-s 皆子山 山頂971..5m
下山時に沢・蛙が賑やかに鳴いてました。-s 下山時に沢蛙が賑やかに鳴いてました
杉の木にビニールが巻いて有り???でしたが皮が剥がされないようにとの事です。何千本もよくぞ巻きました。-s 杉の木にビニールが巻いて有り、???でしたが、皮が剥がされないようにとの事です。何千本もよくぞ巻きました。
巻いてない木は鹿が皮を食べてしまうと・・・。-s 巻いてない木は鹿が皮を食べてしまうと・・・

メンバー: Hみ(L)、I藤、S井、O江 (記:O江)
2016-05-21(Sat)

毛無山と十二ヶ岳

5月21日(土)、富士山・御坂山系の毛無山と十二ヶ岳に登りました。(会山行)

天気にめぐまれ、西湖北側の毛無山(1500m)と十二ヶ岳(1683m)を登り、新緑と大きな(少しかすんだ)富士山を満喫しました。
朝、秋葉原例会場からマイクロバスで出発し、夕方に東京駅地下に着きました、運転のK川さんとY川さんに感謝。
コースは、毛無山登山口(文化洞トンネル横)から爽やかな緑と風の中に毛無山へ、ここからは一ヶ岳、二ヶ岳から順番に少し岩っぽい所もある十二ヶ岳まで続く、下山は桑留尾(くわるび)登山口へ、そして下道道路を文化洞トンネルまで西湖湖畔歩きで戻る。
調べてみると十二ヶ岳は、富士外輪山の御坂山系にあり、清八峠から黒岳・鬼ヶ岳へ続く尾根のさらに内側のでっぱり。やっぱり富士山は大きい。
特徴としては以下の通り。
①毛無山への登山道はしっかりとしていて中腹に見事な松林があった。
②毛無山・十二ヶ岳間の約1kmに12の一ヶ岳とかの標識があり、最初は次々に出てくるが、一番に厳しいのは十一ヶ岳と十二ヶ岳の間で、50m下り・(鞍部に)吊橋・150m登りとなる。
③それほど広くない十二ヶ岳頂上からの西湖と富士山は見事だった。
④道路に下りる直前の登山道に山腹を巻く方向に「通学路」の標識があった。これは、旧根場(ねんば)通学路と称し、昭和36年に西湖北岸道路が開通するまで西湖地区と根場地区を結ぶ通行路で、根場地区の児童が西湖小学校に通うための通学路として利用されたものらしい。
毛無山山頂-s 毛無山山頂
十二ヶ岳の吊橋-s 十二ヶ岳の吊橋
十二ヶ岳からの富士山と西湖-s 十二ヶ岳からの富士山と西湖

メンバー:S田、Y川、S村、K田、N尾、H山、K田、K林、S司、S藤、A田、K川、F野、M馬(記:N尾)
2016-05-05(Thu)

奥多摩 小中沢

5月5日に、奥多摩の小中沢を遡行しました。

昨年、ネットで見た沢を終了点を確認し、今年、沢初めに遡行しました。
記録が乏しいので手探りでした。
最初に4mの滝が現れ捲いて通過しました。
その後も3~4m位の滝が次々と出てきて手ごわかったです。
終了点間近(ワサビ田付近)では小滝の連続で面白い。
終了点を過ぎて二俣になったところで遡行終了。
ワサビ田で引き返し三木戸林道入り口まで登り返しました。
003沢はこっち-s 沢はこっち
004 F1(5m)-s F1 (5m)
011 F3(3m)-s F3 (3m)
020 F6捲きます-s F6は捲きます
021 F7(3m)-s F7 (3m)
028どんどん行きましょう-s どんどん行きましょう
032三木戸の林道に戻りました-s 三木戸の林道に戻りました
030モノレールまで戻って終了-s モノレールまで戻って終了

メンバー:W田、S間(記:W田)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク