2016-06-19(Sun)

入笠山

6月19日雨の中、入笠山にいってきました。

入笠山・花の百名山と言われるだけあって、いろんな花が咲いていました。
ゴンドラで上りましたが、山頂に近付くにつれて、ガスが濃くなり雨もポツポツ。
スキー場だったんですね。花の最盛期で人出も凄かったです。
下写真以外にも、レンゲツヅジ、シモツケ、クリンソウ、オダマキ、アヤメなど沢山咲いていました。
下りのゴンドラに乗る時、おしぼりを配られ、サービスの良さに驚きでした。
「降りる時ビールかね!」と期待しましたが、そんなはずありませんでした。
1-s 山頂は凄い賑わい、丁度雨がやみました。
2-s 最盛期は終わったけど、名残のスズラン。
3-s カマナシホテイアツモリの袋の大きさは5cm、50年前は一面に咲いていたそうですが・・。
4-s キバナアツモリソウの大きさは縦3cm程。
5-s キバナアツモリソウ、不思議な花です。
6-s 木道の周りは全てスズランです。

メンバー:H向、I井、W梅、O江(記:O江)
スポンサーサイト
2016-06-18(Sat)

南アルプス白峰南嶺

6/18-19、白峰南嶺 極上の稜線歩きをしてきました。

「農鳥岳から南を伝付峠まで縦走する水場の無い厳しいルートであることに憧れを持っていた。」と言っていたS司リーダーから、奈良田からダイレクトに笹山へ登り大門沢を下る周回ルートの話を聞き、これは行かねば!と喜び勇んで参加しました。
笹山(黒河内岳)まで2000mのダイレクト尾根を直登。しかも稜線には水が無く、今回はリーダーより水5Lが必須との指令。こんな体験は過去、同じ南アルプスの笊ヶ岳の2100m直登以来久しぶり。登るというより挑むが正しい言葉だろう。

1日目、このダイレクト尾根を一気に登る。かなり厳しいことを予想していたが、ひたすらの直登にも負けず稜線に立つことができた。
標高2700m超えの笹山の稜線に出てからも、しばらくは樹林帯という南アルプス独特の雰囲気を楽しみながら、白河内岳手前の幕営地点に向かった。
予定より若干早いくらいに到着。メンバー6人いてこの時間なんだから、今回はかなり足慣れしたメンバーが揃った。
幕営地点では塩見岳を間近に見る素晴らしい展望をつまみに1400gのベーコンを炙って食らい付く。当然楽しくないはずは無い。

2日目、この稜線歩きは一生忘れない山行の1つになっただろう。
正面に広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳・鳳凰三山を望みながら、西には南アルプス南部の荒川三山から過去歩いた中部の塩見岳から蝙蝠岳の尾根、同じく直登が厳しい笊ヶ岳。
遠く中央アルプス、東には大門沢下降点まで富士山を見て歩くまさに「極上の稜線歩き」。しかもこの稜線歩き中は我々だけしかいない贅沢すぎる3時間半だった。大門沢の下りは辟易だが、それは些細なこと。

このルートを過去3回も歩いているリーダーに感謝。神田山の会でガッツリ歩ける仲間に出逢えて良かった!
1標高差約2000mの厳しいダイレクト尾根-s 標高差約2000mの厳しいダイレクト尾根
2黒河内南峰で一休み-s 黒河内岳南峰で一休み
3稜線に出てもう燃え尽きたよ-s 稜線に出てもう燃え尽きたよ
4といいつつ展望が良くなって俄然元気に-s ・・といいつつ展望が良くなって俄然元気に
5ハイマツを書き分けもう少しで白河内-s ハイマツを書き分けもう少しで白河内岳
6極上のテン場-s 極上のテン場
7極旨のベーコンを食らう-s 極旨のベーコンを食らう
8早朝白河内岳にて-s 早朝、白河内岳にて
9極上の稜線歩き-s 極上の稜線歩き
10雄大な塩見岳-s 雄大な塩見岳
11広河内岳から南ア北部-s 広河内岳から南アルプス北部

メンバー:リーダーS司、Y川、H本、Kaz、K田、YAMAKI (記:YAMAKI)
2016-06-11(Sat)

松木沢渓谷

6月11日 今まで気になっていた松木渓谷に入りました。

皇海山へ行くために旧小屋跡まで行くのと、松木ジャンダルムを見に行くことでした。松木村跡には植林のためのベースの小屋が立っていて帰りにお茶を無料でご馳走になりました。松木川沿いの道は平成5年ころにはしっかり作られていたようですが、現在はところどころ岩雪崩により崩壊していました。通った跡があるので一番奥の堰堤まで行ってきました。途中で毎週この松木川を歩いている先生のような人に会い、案内してもらいました。最後の堰堤より先は水がありません。乾いてました。ジャンダルムは登ってるパーティーを見ました。取り付きまでが急で厳しいと感じました。良い天気で気持ちの良いハイキングでした。

003松木渓谷案内図 松木渓谷案内図

007まっすぐ行きます まっすぐ行きます

018お茶を無料で お茶を無料で

034なんとなく道が続いてる なんとなく道が続いてる

057ジャンダルム ジャンダルム

W田
2016-06-04(Sat)

棒の峰

6月4日(土) 棒の峰に登りました。

晴天の中、埼玉のさわらびの湯から白谷沢を登り、棒の峰山頂へ行きました。帰路は東京へ大丹波へ向けて下山しました。大丹波への道は急ですが道標、登山道とも整備されていました。大丹波からはバスが少ないので歩いて川井駅へ行きました。距離は5Kちょっとでした。

014渡渉します 渡渉します

019棒の峰 棒の峰

020棒の峰山頂にて
 棒の峰山頂にて

W田、会員外4名
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク