2016-08-21(Sun)

北鎌尾根行ったぞ!

8月19日~21日 槍ヶ岳の北鎌尾根に行きました。

長年行きたかった北鎌。先月の撤退から2度目の挑戦でついに完登しました。前日のうちに北鎌沢出合まで入り、キャンプ・焚火で翌日の天候を祈る。その甲斐あってか朝から快晴!。

独標遠望
(写真:独標遠望)

独標のトラバースなどの岩稜をヒヤヒヤしながら順調に慎重にクリアしていく。

独標トラバース神田
(写真:独標トラバースK田)

トラバース
(写真:トラバース)

しかし槍ヶ岳が近づくにつれて霧・小雨。やはり嫌われているのか・・・そんな中ついに槍ヶ岳に。展望はなかったがしっかりと初槍を踏みしめました。

登頂中
(写真:登頂中)

山頂
(写真:山頂)

同行してくれたK田さん、S司さんありがとうございました。

ソフト
(写真:ソフト)

記:K藤
スポンサーサイト
2016-08-14(Sun)

万太郎谷本谷

8/13-14 万太郎本谷から谷川岳山頂へ遡行しました

暑い夏、あの谷川岳に沢から登りたいと思って数年、神田山の会に入会して1年目。万太郎本谷は、上越特有の明るくて広々とした沢。厳しい滝は一ノ滝と三ノ滝のみで、適度な緊張感と心地よい達成感が得られる。明るい沢なので陽光が降り注ぎ天気が良い暑い夏には、最高のシャワークライムが楽しめる。釜が深く、特にオキドキョウノトロは水量豊富で、急流に逆らっての泳ぎは最高に楽しい。そして1泊沢登りでの、仲間とたき火を囲んでのゆるりとした時間。ようやく念願の沢登りがかないました。

01入渓 入渓

02釜の深い滝 釜の深い滝

03オキドキョウノトロを泳ぐ オキドキョウノトロを泳ぐ

04一ノ滝にて 一ノ滝にて

05焚き火で団らん 焚き火で団らん

06三ノ滝登攀中のO田さん 三ノ滝登攀中のO田さん

07詰めの笹漕ぎ 詰めの笹漕ぎ

08無事肩の小屋へ 無事肩の小屋へ

09谷川ピーク踏みました 谷川ピーク踏みました

メンバー:H川、O田、F野 記:YAMA
2016-08-14(Sun)

北穂東稜・滝谷ドーム中央稜・前穂北尾根

8/11-14で穂高クライミング(北穂東稜・滝谷ドーム中央稜・前穂北尾根)に行ってきました。

初めてのクラシックルート。アルパインも2回目の初心者ですが、先輩達について登攀してきました。

01_2016081822333344c.jpg
1日目:北穂東稜。ここから南陵ルートから離れて東稜のコルへ。左のギザギザがゴジラの背。

02_20160818223334ebc.jpg
北穂岳小屋が目の前で遠い。

03_20160818223336442.jpg
登頂後、S田さんと翌日の滝谷ドーム中央稜の取付を探しに偵察。鎖場をすぎて左に続く稜線から離れて右にトラバースしてT1を探す。しかし、日が暮れてきて見つけられずタイムアウト。

04_201608182233306f5.jpg
2日目:滝谷ドーム中央稜T1。取付への懸垂地点。目印のピナクル。W坂さんが熟年の経験と技術で見つけてくれた。

05_201608182233316f8.jpg
2P目を登るS田さん。

06_201608182235233f4.jpg
晴天の中、登頂。北穂への稜線にもどりドームを振り返る。

07_20160818223524de6.jpg
3日目:前穂北尾根。夜明け前にスタートして5.6のコルを目指す。

08_20160818223526f73.jpg
5.6のコル

09_20160818223520632.jpg
3峰1P目。

10_201608182235212a5.jpg
3峰3P目

11.jpg
前穂北尾根登頂。

穂高の山々を見ながらのクライミングは圧巻で、ルートファインディングに悩みながら登頂出来た時は感動でした。

メンバー:W坂、S田、S上 (記:S上)
2016-08-09(Tue)

山形県最高峰

8月7、8、9日 鳥海山に行ってきました。

3日間晴天に恵まれ、石段と石畳で整備された、鉾立~御浜小屋(泊)~鳥海山(新山)~滝の小屋(泊)のコースを歩いてきました。車窓から見られた秀麗な山容から、噴火による頂上の岩山の荒々しさは想像できませんでした。

クルマユリ クルマユリ

ニッコウキスゲ ニッコウキスゲ

我が会の乙女?軍団 我が会の乙女?軍団

切り通しを下り抜けると新山 切り通しを下り抜けると新山

メンバー:K田、H山、O江、K崎、Hみ、M馬、他2 (記:M馬)
2016-08-07(Sun)

小川山クライミング

8月6日、7日と今シーズン初めての小川山に行ってきました。

初日はタジアンⅡの右のフェイス。リードでは途中敗退。のちA場さんが張ってくれたトップロープでクリア。あとで確認したら10Cでした。そりゃ無理です。。。
続いて小川山ストーリー。リードで行くも1度墜落。しかしめげずに完登しました。翌日はマルチで3峰レモンルートに連れて行ってもらいました。支点が少ない割に高度感が半端なく、スリリングなルートでした。しかし小川山は涼しい。夜の焚火はダウン必須です。

庄司さん 小林さん

写真は小川山ストーリーを登るS司さんとK林さんです。(記:K藤)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク