2016-10-29(Sat)

鍋割山

10月29日 鍋割山に登りました。

傘が不要なくらいの雨の中を西山林道より向かいました。二俣から後沢乗越への登山道は整備されて歩きやすくなっていました。尾根に登り小屋までは上りが続いてきつい。小屋につくと登山者が大勢いました。まず鍋焼きうどんをと注文にいくとフル稼働でうどんを煮ていました。食べ終えた人はさっさと席を開けてくれるのでゆっくりとうどんを堪能しました。帰路は、雨が強くなってきたので雨具を着て金冷やし経由で大倉尾根を下りました。見晴茶屋あたりで日没のためヘッデンを使用して大倉まで無事に帰りました。

016鍋焼きうどん 鍋焼きうどん

017鍋焼きうどん(1000円) 鍋焼きうどん(1000円)

019鍋割山 鍋割山

030金冷やしにて 金冷やしにて 

W田、T畑、N村 W田記
スポンサーサイト
2016-10-23(Sun)

甲武信岳

10月22~23日 甲武信岳 地図にない鶏冠尾根ルートから登ってきました

山と高原地図には載っていない「鶏冠尾根」を登ってきました。
最初から渡渉ありと普通でないなと思ったら、道中には地図にないルートなのに結構案内板があり、踏み後もしっかりしつつあるのには驚き!尾根前半部と言っていい岩稜帯は申し分ない面白さ、鶏冠山頂から眼下に見えるパッチワークのような彩豊かな紅葉も見ごろで素晴らしい景色。
地図にルートがない理由が何となく感じられるのが鶏冠山以降の後半部。踏み後を辿るも倒木が多数あり、くぐったり、またいだりと忙しい。さらに踏み後は木々をかき分けて泳ぐように進む。中でも木賊山直下のシャクナゲ繁茂地帯は、一段と密度が高く弾力性に富むシャクナゲの木々に悪戦苦闘した。一般ルートでは味わえない魅力を秘めた鶏冠尾根。多少うんざりするかもしないが、良い体験ができ、甲武信岳に2回目以降のアタックなら絶対おすすめ。
下山は近丸新道を使いましたが1700m付近の紅葉は見ごろ。西沢渓谷はあと1~2週後に紅葉見頃になるかしら。

01つり橋から鶏冠山 つり橋から鶏冠山

02見ごろを迎えた紅葉 見ごろを迎えた紅葉

03鶏冠の岩峰を行く 鶏冠の岩峰を行く

04第2岩峰を登るY川さん 第2岩峰を登るY川さん

05鶏冠山で記念撮影 鶏冠山で記念撮影

06しゃくなげに阻まれながら しゃくなげに阻まれながら

07甲武信岳山頂 甲武信岳山頂

08山頂から御来光 山頂から御来光

参加メンバー:リーダーS司、Y川 記:YAMA
2016-10-23(Sun)

稲子岳南壁&阿寺の岩場

10月22日 八ヶ岳の稲子岳、23日阿寺の岩場に行きました。

八ヶ岳は紅葉真っ盛り。特に唐松の黄色が印象的でした。またみどり池に映る天狗は秀麗、小屋に来るリスも可愛いです。稲子岳南壁は取り付きまでがわかりづらいです。ピッチは3ピッチ目をクラックルートで行ったので苦戦しましたが、チムニールートをいけば、全体としてもそれほど難しくなく、景色もいいので快適です。ただこの日は雲も多く、風もあり寒かったです。
翌日は初めての阿寺の岩場。5.8~5.9のルートが中心で、我々がリード練習するには丁度いいレベルでした。2日間しっかり岩を楽しみました。同行の皆さまありがとうございました。

20161026_085713.jpg

14691129_1108538312597467_3631282098303676569_.jpg

14691117_1108540525930579_3180557611491994074_.jpg

14713544_1108538685930763_3934290490922599303_.jpg

20161026_074538.jpg

記:K藤
2016-10-16(Sun)

四阿山・根子岳

10月15日~16日 百名山、四阿山(あずまや)~根子岳
                       
あずまや山とは、なかなか読めない山です。しかし百名山です。遠くから観てあずま屋の形に似て、四本の柱を意味しているそうです。根子岳は外輪山だそうです。40周年の時、根子岳まで登り、目の前の四阿山には時間もなく登る事が出来ず、いずれ登りたいと思っていました。その時も素晴らしい紅葉でした。上田からバスで菅平スキーダボス(スイス村)。アウトドアロッジ自然回帰線泊(7800円)。この秋では最高の天気に恵まれ、感激の登山日よりでした。

01_20161018221857905.jpg 宿食は自家製の新鮮な野菜の味は最高。

02_20161018221859f8c.jpg ミネストローネ、これは3人分で卵が3個入ってます。

03_2016101822185326f.jpg 7時50分出発、メンバーの後方は北アルプスが全部見えました。

04_20161018221854537.jpg 2028M 四阿山(百名山)

05_20161018221856291.jpg かなりのズームで、槍ヶ岳、子槍も見えます。富士山も見えました。

06_20161018222202ad1.jpg 四阿山を下る時振り向いた景色です。秋の雲が綺麗でした。

07_20161018222203fe8.jpg 根子岳 2128M、後方の高い山が四阿山です。

08_201610182222050b9.jpg 紅葉とススキが美しい下りでした。

参加:S井、O江、K林、K崎、Hみ、H田
2016-10-16(Sun)

幽ノ沢を途中で引き返す

10月16日 谷川岳の幽ノ沢に行きました。

朝7時に照葉峡より白毛門駐車場へ移動。駐車場でご飯を炊き朝食を食べ、お弁当を作り出発。夏の新道は車が通れるほど広い。新道経由でJR監視小屋まで行き、旧道へ登って幽ノ沢へいきました。幽ノ沢へ入ると、はじめは荒れたような感じでしたが、一枚岩の沢になり、大きなつるんとした滝を登り、ナメ滝を進みました。しばらく進んでも以前見た白い沢ではなく茶色の沢でした。つるんとしているので手がかりが乏しい上に滑るので、早々に引き返すことにしました。帰りは、つるんとした滝はロープを出して降りましたが1回で届かないので2回に分けて下りました。帰りは旧道を通って帰りました。一ノ倉沢で電動バスを見ました。8人乗れるとのことでした。

012もう休憩所に もう休憩所に

034幽ノ沢出合 幽ノ沢出合

035ナメ滝(白くない!) ナメ滝(白くない!)

038ここで終了 ここで終了

039ここを下るが怖いのでロープをだした ここを下るが怖いのでロープをだした

記:W田
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク