2016-12-25(Sun)

神の山、筑波山

12月25日 筑波山に登りました。

遥かに広大な関東平野に唯一と言っていい程に屹立する筑波山。無論古代の人々はその山そのものに、またそこにある磐座ごとに神を見いだし、そして崇めてきた。関東に棲んで3年、ついにその山に登ってきた。
屹立しているとは言え877mであり、中腹の筑波山神社までバスで行ってしまうと、あまりにあっけなく、神の山に申し訳ないと感じ、西の麓の薬王院から山頂を目指させていただく。
南麓の沼田でほぼ満席の筑波山神社行きバスからただ一人降りる。薬王院までは約一時間の小走りロードで冬の凍えた体を温める。薬王院は筑波山の行者と共に歩んできた歴史を湛えた静かな場所である。 この山道を登る人は少なく、数人とすれ違い、数人を追越して歩む奥多摩マイナールートの面持ちだ。なので山頂の御幸ヶ原に到着した時の喧騒とのギャップは大きいが、これも筑波山と思うことにする。
男体山、女体山と巡り、ガマ石、胎内岩、弁慶の戻り岩などの磐座、数々の杉の神木を辿り、また人波を掻き分けてつつじヶ丘へ下る。
ここで終了するのでは筑波山との待ち侘びた交歓な時が余りにも短く、物足りないので、筑波山神社に下る途中より白雲橋ルートに入り、再び山頂を目指す。このルート、つつじヶ丘からの合流までは人も疎らで僅かな時間ではあるものの静かな登山ができる山道である。そして再び喧騒の中を女体山に登頂し、御幸ヶ原ルートで筑波山神社に下山、終了とした。
終了後、受付15:00に間に合い、神社近くの旅館青木屋の雲上の湯に浸かる。極上の癒しであった。

DSC_0542.jpg

DSC_0549.jpg

DSC_0551.jpg

DSC_0552.jpg

記:K藤
スポンサーサイト
2016-12-25(Sun)

3年連続で年末に甲斐駒ヶ岳に挑戦

12月24日~25日 Y川は昨年、一昨年に続いて今年も年末に甲斐駒ヶ岳に挑戦しました。

今回はS田、O田という”屈強の神田女子”にサポートされ、やっとのことで頂上制覇をしました。
▼七丈小屋はこの時期、食事なしで宿泊料金4600円。一方テント場代は600円で、差額4000円がテントやシュラフを運び上げ下る歩荷代金といえます。雪山テントは文句なく楽しい!でもあのザックの重さやテント場とトイレの遠さを考えたら、4000円は安いと思ってしまうのです…
▼Y川は最近、足を痛めてしまいました。やむなくン千円もするサポーターを買いましたが、あまり効果がありません。そこで今回はO田さんに教えてもらったテーピングをしたら…ほとんど痛みを感じませんでした。これ、お奨めですよ。

12月24日(土)竹宇駒ヶ岳神社6:55発 13:50七丈小屋着(テント泊)
12月25日(日)七丈小屋6:50発 9:10甲斐駒ヶ岳頂上着、9:25同発 11:00七丈小屋着 11:55同発 16:20竹宇駒ヶ岳神社着

01_20161229183131208.jpg

メンバー:Y川、S田、O田(Y川記)

2016-12-24(Sat)

女峰山

12月23日~24日 女峰山に登りました。

この山行から1週間前、空木岳にチャレンジしましたがリーダーの私のロープは不要という事前判断ミスで敗退しました。ヨナ沢の頭手前で夏道登山道が雪崩で埋まっており、ロープなしでの雪崩急斜面のステップ切ってのトラバースはリスクが高く、冬道の尾根上に上がるにもロープ必要で撤退判断。アホな判断ミスでメンバーを上まで上げられなかった申し訳なさで凹んでました。
それで今回の女峰もリーダーですが、雪が膝までは決していかない雪の少なさもあったのですが、登頂できてホッとしました。ビール、ワイン、ウィスキー、鍋材料を担ぎ上げ、避難小屋内にテント張って宴会もできたし、登頂もできてメンバーに楽しんでもらえて本当に良かった。
考えすぎだって言われるかもしれないですが、リーダーやる以上は考えてしまうんです。今回は私含め写真を本当に撮らないメンバーだったので1枚だけ登頂写真を添付します。この時は晴れ予報なのに前夜から続けて雪降ってました。3人のメンバーで全部で5枚くらいしか撮ってません。

DSC_0044~5

メンバー:S司・M・会員外1名 記:S司
2016-12-18(Sun)

北八ヶ岳

12月17~18日 北ヶ岳山行・縞枯山・北横岳

良い天気に恵まれた山行でした。新雪はとても良い感触で歩く事が出来ました。この時期の三ツ岳方面は、岩場でもあり歩く人も少なく、坪庭から北横岳へのコースを歩きました。
17日・縞枯山、展望台は風も強く展望もなかったので、写真だけ撮って下山。18日は天気も良く、坪庭辺りはとても気持ちよく歩く事が出来ました。北横岳山頂からは、すっきりと晴れ最高のパノラマでした。

01_201612221119317ad.jpg 新雪の感触を踏みしめ縞枯山に向う。

02_20161222111932015.jpg 縞枯山の展望台、しかし何も展望なしでした。

03_201612221119343be.jpg18日三角屋根の小屋の前で、7時半出発

04_20161222111935235.jpg 坪庭のモンスーと、遠くは八ヶ岳。

05_201612221119300a4.jpg この樹林帯を抜けたら北横岳山頂

06_20161222112124f56.jpg 山頂。自動シャッターでパチリ!

07_20161222112123d11.jpg 木曽御嶽山、左は南、中央アルプス。右は北アルプスが一線に望めました。

参加者:O江、K林、S井、K田
2016-12-10(Sat)

餅つき山行

12月10日(土) 恒例の景信山での餅つき山行。

毎年12月最初の日曜日実施ですが今年は50周年記念パーティーがあったので一週遅れの土曜日開催となりました。OBの参加が少なかったのが残念でしたが快晴無風の絶好の天気に恵まれつきたての餅とトン汁を堪能しました。

motituki.jpg

記:K川
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク