2017-01-29(Sun)

日光高山

1/29に、日光高山に登りました。

東武の浅草6:20発快速に乗って、現地バス停の竜頭滝に到着、
天気は良く新雪がありアイゼン装着し10:18に出発。
竜頭滝の流れは縁が少し凍っていて水量は多い。
竜頭滝_20170129-s
積雪は約30cm、道路からすぐのシカ柵扉から夏道を登る。
トラバースぎみの夏道は分かりにくく、トレースも無くなり小尾根から稜線へ直登した。
予定外の急登の尾根ルートを進む-s
1506mピークの少し西側稜線に11:50到着し小休止。同じように登ってきた2人パーティも小休止。
早くも高山から下りてきた他パーティが1506mピーク方面に下山していった(下山路はトラバースなしのこのコースがよさそうだ)。
尾根にでました2-s
ここから頂上までは少しの起伏の後、元気なW梅さんの先導で直下約150mを登り14:00に登頂。
DSC02741-s.jpg 
日光高山頂上-s
予定していた戦場ヶ原側への下山は、途中まで下ったが急斜面での峠へのトラバースにはトレースがなく、
15:35高山頂上に引き返した。
日がかげってきたので、急いで下山。ヘッドライトを点け17:25にシカ柵扉に到着。
無事に鹿柵に到着できたー!-s
運よくすぐにバスに乗れて、終了した。

メンバー:H山、W田、O江、S井、K崎、W梅、N尾 (記:N尾)
スポンサーサイト
2017-01-21(Sat)

ツェルトビバーク縦走

1/21~22に、 丹沢から道志へビバーク縦走しました

今回は丹沢から道志を繋ぐルートを、せっかくなので久しぶりの冬季ビバークを敢行して1泊2日でチャレンジ。
1日目:西丹沢の山市場から不老山、三国山と歩き道志山塊に入ります。
  三国山からは積雪あり、展望の良い明神山でツェルトビバーク。
  富士山の大展望を肴にお酒が進みます。
  ビバークとは言え厳冬期用のシュラフを持っていく軟弱さはご愛嬌。
2日目:朝日に染まる富士山を見て、山中湖東側の山塊を石割山までグルッと歩きます。
  高指山、富士見峠、石割山と富士山展望を堪能し充実の縦走でした。

1明神山でのツエルト設営-s 明神山でのツエルト設営
2贅沢なビバーク場所-s 贅沢なビバーク場所
3日の入り-s 日の入り
4早朝の富士-s 早朝の富士
5朝日を見ながら出発-s 朝日を見ながら出発
6高指山より-s 高指山より
7富士見峠より-s 富士見峠より
8石割山より-s 石割山より

記:YAMA
2017-01-14(Sat)

大雪での雪上訓練

1/14~15に、谷川山麓土合近辺にて雪上訓練

毎年恒例の雪上訓練。待っていたのは、大雪に見舞われラッセル三昧の雪上訓練となりました。
1日目:土合山の家の裏手の林道から途中の斜面に取り付き訓練を実施。
2日目:土合山の家の裏手の林道から赤沢山取り付まで行き、沢を越えたところの急斜面に取り付き訓練を実施。

訓練内容
・ワカン、アイゼンの使い方
・ラッセルの仕方
・ワカン装着時、つぼ足時、アイゼン装着時のラッセル体験
・急斜面でのラッセル体験
・ロープを使った下降
・コンテのやり方
・雪崩の原理、リスク測定方法
・ビーコンの使い方

1日の積雪量が60cm、色々な訓練を想定していましたが、これはラッセル訓練にもってこいの環境でした。
つぼ足、アイゼン、ワカンで感触の違いを確かめ、深さの状況に応じたラッセルの仕方をしっかり勉強。
雪上練習は自分にとっても真新しい出来事であり、実りある講習会になりました。
あまりに深く柔らかく重い雪だったので、滑落停止は今年も出来なかったのが残念。

1腰までラッセル訓練-s 腰までラッセル訓練
2急斜面でのラッセル訓練-s 急斜面でのラッセル訓練
3ロープを使った下降訓練-s ロープを使った下降訓練
4急斜面の頭までラッセル訓練-s 急斜面の頭までラッセル訓練
5積雪状況の判断講習-s 積雪状況の判断講習

記:YAMA
2017-01-07(Sat)

荒沢山

1月7日 上越 荒沢山でシーズン初ラッセル、そして撤退

年初めは3連休を利用し、塩見岳に行く予定でしたが、塩見アタック中日が天気が悪いとのことで3月に延期。日帰りで前々から温めていた積雪期しか登れない上越荒沢山を計画しました。
取り付きの林道から膝積雪でワカン装着。登り始めると根雪が無いため急斜面のラッセルで地面に足がつくがワカンが引っかからないため神経使いました。尾根に出ると雪は更に増えましたが枝の密生具合が半端なくルート取りにも気を使わなければならない状態。
6時間ラッセルを4人フル回転で頑張りましたが、あと300m足りなく13時展望の良い場所で撤退を判断。
登山道のない雪山はある程度雪が締まって、枝が全て埋まる2~3月に入るのが正解。1月はもう少し高い山を選んだほうが楽しめるということを学びました。
次はピークを踏むぞと再訪を誓った山になりました。

01荒川山足拍子山を望む 荒沢山足拍子山を望む

02林道からトレース無し 林道からトレース無し

03激闘のラッセル 激闘のラッセル

04青空が広がってきた 青空が広がってきた

05激闘実らず標高1000mで本日はこれまで 激闘実らず標高1000mで本日はこれまで

06振り返ると平標方面がきれい 振り返ると平標方面がきれい

07本日の最高点でしばし休息 本日の最高点でしばし休息

08昨年登ったタカマタギも良い山だった 昨年登ったタカマタギも良い山だった

09下山して再訪を誓う 下山して再訪を誓う

記:Y口
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク