2017-07-30(Sun)

羅臼岳

7月30日(日) 羅臼岳に登りました。

4:30羅臼岳登山口→大沢入口8:00今年は雪なし→8:35広大な羅臼平→9:55岩石の積み重なる急斜面をよじ登り、羅臼岳頂上到着→下山途中の仙人坂を下っている時に、先行パーティーより熊の目撃情報があり、鈴を必死にならしておりました→15:45下山

いい天気に恵まれ、北海道の雄大な山にまた登ることができました。道が、しっかりしていて登りやすかったです。途中の湧水、弥三吉水と銀冷水は冷たく、おいしいかった。羅臼平は、花も豊富でいいところでした。知床すみれは硫黄岳に行 かないとみられないんだそうです。残念!!頂上では、雲で知床連山を眺められず残念でした。1時間くらい粘ったのですが・・・。ウトロや斜里岳の方は見ることができました。 

P7300068.jpg

T畑、S井、T木
スポンサーサイト
2017-07-29(Sat)

大菩薩嶺・小金沢嶺

7月28(金)~29日(土) 大菩薩嶺~小金沢嶺縦走 (神田百名45)

塩山発9:30バスで、登山口下車(約20分)上日川峠経由で、唐松尾根を登る。時々晴れて大菩薩湖まで見渡す事ができ、感激するのもつかの間、ガスで視界が無くなる・・を繰り返えしながらの急登。大菩薩嶺山頂は見晴らしは無く、それでも山頂で「神田百45」の記念写真。雷岩から介山荘まで、見渡す限りの笹原の緑の絨毯は気分爽快。3:20分介山荘着。ビールで乾杯。すると思いがけず小屋から大きな桃のご馳走で、カブリ付く。
二日目は出発時間6:30大雨。石丸峠まで取りあえず進み様子見とした。時々晴れ間、ガスの繰り返しで、取りあえず前進小金沢山8:30分到着。笹原の眺めの良い所は、はじめだけで、倒木が多く、跨いだり潜ったりの連続。湯の沢峠着12:00。天目山温泉着2:10
良い汗を沢山かいた山行でした。

01_201708052304360ff.jpg 見晴らし無いけど達成感がありました。

02_20170805230430566.jpg 昔は、ヤナギラン等の花々が見事だったようだが、鹿の餌となってしまい、今では・・・・。

03_20170805230431486.jpg 介山荘からのご馳走をほおばる、ピーチ娘。感想文に「美味しい!」と書いたので、次の日も一個づつ頂けちゃいました。

04_201708052304327c0.jpg 介山荘の夕食は、食前酒のワインとお代わり自由のカレーです。二人の子ども達の給仕も絶妙に可愛いのです。更にボウルペンの記念品。

05_201708052304342e7.jpg 8:30分自動シャッターで記念写真

参加者:LH道、K初、M孝、W美、O睦  5名

2017-07-22(Sat)

北穂高岳~小槍、大槍 ①北穂高岳東稜篇

7月19日~22日 北穂高岳・槍ヶ岳に登りました。

ずっと前から行きたいと思っていた北穂高岳小屋のテラス。そこから槍に伸びる稜線を見たい。早朝に上高地に入り予定通り昼前に涸沢に着き、北穂高岳方向を見上げる。南稜ルートが稜線に向かい始めるところから右の沢を渡って、Y字の谷の左を詰めて東稜に出る。ルートの確認はバッチリ。出発梅雨明け直前の平日とあって、東稜ルートは私ひとりらしく、雪上に明瞭なステップはない。なんとか無事北穂沢をトラバースし(私が通過後落石が2つあり!)、沢を詰めようとしたものの、思いの他斜度があり、軽アイゼンとストックのみでは無理と判断、左の尾根に取り付く。そこからハイマツをかき分け、岩を乗り越しなんとか稜線に。南稜ルート分岐から1時間を要する。稜線にはしっかりした踏跡がある。ゴジラの背と呼ばれる部分は確かに細いが、ホールドは豊富。岩もしっかりしている。北穂沢側に張り出して岩のステップを数メートル渡る部分が印象深い。そしてゴジラの頭からのクライムダウン。 手足のホールドはしっかりあるが 確かに懸垂下降したくなる高度感。
ここまで来ればあとは小屋を目指して登るのみ。しかしこれが急登かつ踏跡が分かりにくい。かれこれ40分を要する。しかしゴールは直接小屋のあのテラスという絶妙さでいい感じ。その日はガスで槍は日没頃ちらりと顔を出しただけだったが、翌朝は快晴の絶景があった。

IMG_0764.jpg

IMG_0781.jpg

IMG_0782.jpg

DSC_0851.jpg

記:K藤
2017-07-21(Fri)

【神田百NO.82】小槍から大槍へ

7月21日 槍ヶ岳の小槍と大槍に登りました。

退会された大先輩A田さんが小槍から大槍へが行きたいと言われていたのを聞いて、これは面白そうと思い、また小槍の上でアルペンダンスを踊りたいと思い、キレット縦走後の7/20A田さんと槍ヶ岳山荘で合流し、7/21に登ってきました。第一関門は取り付きまでのガレガレのルンゼ下りです。右側の壁に沿って慎重に下りましょう。小槍は50mロープで一気に小槍頂上までいけなくもないですが、流れが悪くなりそうなので、3Pに刻みました。コルからすぐのトラバースしてチムニーに入るまでが核心です。小槍の頂上はそれなりに広いのでダンスは十分踊れます。コルへの懸垂下降は25mなので、50mロープ一本でちょうどです。ひ孫槍へのフェイスを登りは45mくらい。残置は少ないので小さ目のカムを4つほどとスリングは多めに持っていきましょう。ピークの裏側にハーケンの支点があります。孫槍は最初はガレを右上し、あとはピークのピナクルに向けてフェイスをほぼ直上です。ここも途中の残置支点は少なく、カムとスリングで支点を取るのがメインです。ピナクルを右に回り込んだところにハーケンからつながったスリングがありますが、それだけだと心もとないので、岩にスリングをかけて両方使用するのがお奨め。距離は50mロープでちょうどくらいです。そこからピナクルに登ると頂上にペツルのしっかりした支点あります。おそらく大槍とのコルに懸垂下降する支点ためと思われますが、今回は懸垂はせず、ビレイオンしたままでクライムダウンでコルまで降りました。しかしセカンドがピナクルからのクライムダウンがフリー状態になりますのでしっかり足元を指示しましょう。あとは大槍です。しかし山頂まで55mほどと資料にあったため、5mほど登ったところにあったハーケンで一旦ピッチを切りました。そしてそこから山頂の鉄杭までちょうど50m。斜度は緩め。そしてついに大槍山頂です。前回はガスの中で何も見えませんでしたが、今回はいい天気です。

IMG_0799.jpg

IMG_0802.jpg

DSC_0857.jpg

DSC_0860.jpg

DSC_0869.jpg

DSC_0873.jpg

(記 K藤)
2017-07-16(Sun)

水根沢

7月16日 晴れの中を奥多摩の水根沢を遡行しました。

水は昨年よりも少なめでした。それでも足の立たないところがあり泳ぎました。トイ状の滝、半円の滝を超え昨年よりも1段先に進みました。いろいろな滝が出てきて楽しかったです。

002水根沢入渓点にて 水根沢入渓点にて

003 ②3mCS滝 ②3mCS滝

008 Tさん登ります Tさん登ります

022 Tさん登ります Tさん登ります

026 Wさん行きます Wさん行きます

043 今日のハイライト⑦半円の滝 今日のハイライト⑦半円の滝

060 Sさん登ります Sさん登ります

W田、O竹、T形、S間の4名。W田記
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク