2012-06-25(Mon)

山域・山名

6月25日 山域について考えました。

登山計画書の記載事項にまづ最初に山域とあり、その右に登るべき山名欄があります。
私はこの山域を特定することが好きで登る山がどの山脈にあるのか面倒くさいときもありますが楽しみでもあります。それで地図を見ていると、北海道の山には羅臼岳というのが知床半島にありますが、この山脈は知床の山とあり知床山脈でもなければ知床山塊でもありません。余市岳などは札幌近郊の山となっていて道央山地でもありません。幌尻岳やアポイ岳はちゃんと日高山脈と分類されています。
東北では奥羽山脈も細かく分類されていて八幡平・岩手山は裏岩手連峰で、蔵王山は蔵王連峰と奥羽山脈の中で名前があります。
関東に下ると白砂山は上信越国境山群です。妙高山、火打山は西頚城山地です。雨飾山は梅谷山地です。みんなの好きな北アルプスとなると飛騨山脈で白馬連峰、後立山連峰、剣の立山連峰,常念山脈、槍穂高連峰となります。木曾山脈の中央アルプスは木曾駒が駒ケ根高原で御嶽山が開田高原です。赤石山脈の南アルプスの北岳、間ノ岳、農鳥岳は白峰南嶺となっています。南嶺とはなんですかね?西上州、奥武蔵、奥多摩はただそれだけで山塊とか山地がつきません。
九州に入ると○○群というのが多くなります。たとえば阿蘇火山群、九重火山群などです。それで山塊と連峰,山地、山脈の定義などがわかると面白いですね、日本山名辞典でも買えば解説がありますかね。

A田
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

まとめtyaiました【山域・山名】

6月25日 山域について考えました。登山計画書の記載事項にまづ最初に山域とあり、その右に登るべき山名欄があります。私はこの山域を特定することが好きで登る山がどの山
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク