FC2ブログ
2016-06-18(Sat)

南アルプス白峰南嶺

6/18-19、白峰南嶺 極上の稜線歩きをしてきました。

「農鳥岳から南を伝付峠まで縦走する水場の無い厳しいルートであることに憧れを持っていた。」と言っていたS司リーダーから、奈良田からダイレクトに笹山へ登り大門沢を下る周回ルートの話を聞き、これは行かねば!と喜び勇んで参加しました。
笹山(黒河内岳)まで2000mのダイレクト尾根を直登。しかも稜線には水が無く、今回はリーダーより水5Lが必須との指令。こんな体験は過去、同じ南アルプスの笊ヶ岳の2100m直登以来久しぶり。登るというより挑むが正しい言葉だろう。

1日目、このダイレクト尾根を一気に登る。かなり厳しいことを予想していたが、ひたすらの直登にも負けず稜線に立つことができた。
標高2700m超えの笹山の稜線に出てからも、しばらくは樹林帯という南アルプス独特の雰囲気を楽しみながら、白河内岳手前の幕営地点に向かった。
予定より若干早いくらいに到着。メンバー6人いてこの時間なんだから、今回はかなり足慣れしたメンバーが揃った。
幕営地点では塩見岳を間近に見る素晴らしい展望をつまみに1400gのベーコンを炙って食らい付く。当然楽しくないはずは無い。

2日目、この稜線歩きは一生忘れない山行の1つになっただろう。
正面に広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳・鳳凰三山を望みながら、西には南アルプス南部の荒川三山から過去歩いた中部の塩見岳から蝙蝠岳の尾根、同じく直登が厳しい笊ヶ岳。
遠く中央アルプス、東には大門沢下降点まで富士山を見て歩くまさに「極上の稜線歩き」。しかもこの稜線歩き中は我々だけしかいない贅沢すぎる3時間半だった。大門沢の下りは辟易だが、それは些細なこと。

このルートを過去3回も歩いているリーダーに感謝。神田山の会でガッツリ歩ける仲間に出逢えて良かった!
1標高差約2000mの厳しいダイレクト尾根-s 標高差約2000mの厳しいダイレクト尾根
2黒河内南峰で一休み-s 黒河内岳南峰で一休み
3稜線に出てもう燃え尽きたよ-s 稜線に出てもう燃え尽きたよ
4といいつつ展望が良くなって俄然元気に-s ・・といいつつ展望が良くなって俄然元気に
5ハイマツを書き分けもう少しで白河内-s ハイマツを書き分けもう少しで白河内岳
6極上のテン場-s 極上のテン場
7極旨のベーコンを食らう-s 極旨のベーコンを食らう
8早朝白河内岳にて-s 早朝、白河内岳にて
9極上の稜線歩き-s 極上の稜線歩き
10雄大な塩見岳-s 雄大な塩見岳
11広河内岳から南ア北部-s 広河内岳から南アルプス北部

メンバー:リーダーS司、Y川、H本、Kaz、K田、YAMAKI (記:YAMAKI)
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク