2017-07-22(Sat)

北穂高岳~小槍、大槍 ①北穂高岳東稜篇

7月19日~22日 北穂高岳・槍ヶ岳に登りました。

ずっと前から行きたいと思っていた北穂高岳小屋のテラス。そこから槍に伸びる稜線を見たい。早朝に上高地に入り予定通り昼前に涸沢に着き、北穂高岳方向を見上げる。南稜ルートが稜線に向かい始めるところから右の沢を渡って、Y字の谷の左を詰めて東稜に出る。ルートの確認はバッチリ。出発梅雨明け直前の平日とあって、東稜ルートは私ひとりらしく、雪上に明瞭なステップはない。なんとか無事北穂沢をトラバースし(私が通過後落石が2つあり!)、沢を詰めようとしたものの、思いの他斜度があり、軽アイゼンとストックのみでは無理と判断、左の尾根に取り付く。そこからハイマツをかき分け、岩を乗り越しなんとか稜線に。南稜ルート分岐から1時間を要する。稜線にはしっかりした踏跡がある。ゴジラの背と呼ばれる部分は確かに細いが、ホールドは豊富。岩もしっかりしている。北穂沢側に張り出して岩のステップを数メートル渡る部分が印象深い。そしてゴジラの頭からのクライムダウン。 手足のホールドはしっかりあるが 確かに懸垂下降したくなる高度感。
ここまで来ればあとは小屋を目指して登るのみ。しかしこれが急登かつ踏跡が分かりにくい。かれこれ40分を要する。しかしゴールは直接小屋のあのテラスという絶妙さでいい感じ。その日はガスで槍は日没頃ちらりと顔を出しただけだったが、翌朝は快晴の絶景があった。

IMG_0764.jpg

IMG_0781.jpg

IMG_0782.jpg

DSC_0851.jpg

記:K藤
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク