2017-07-30(Sun)

羅臼岳

7月30日(日) 羅臼岳に登りました。

4:30羅臼岳登山口→大沢入口8:00今年は雪なし→8:35広大な羅臼平→9:55岩石の積み重なる急斜面をよじ登り、羅臼岳頂上到着→下山途中の仙人坂を下っている時に、先行パーティーより熊の目撃情報があり、鈴を必死にならしておりました→15:45下山

いい天気に恵まれ、北海道の雄大な山にまた登ることができました。道が、しっかりしていて登りやすかったです。途中の湧水、弥三吉水と銀冷水は冷たく、おいしいかった。羅臼平は、花も豊富でいいところでした。知床すみれは硫黄岳に行 かないとみられないんだそうです。残念!!頂上では、雲で知床連山を眺められず残念でした。1時間くらい粘ったのですが・・・。ウトロや斜里岳の方は見ることができました。 

P7300068.jpg

T畑、S井、T木
2017-07-29(Sat)

大菩薩嶺・小金沢嶺

7月28(金)~29日(土) 大菩薩嶺~小金沢嶺縦走 (神田百名45)

塩山発9:30バスで、登山口下車(約20分)上日川峠経由で、唐松尾根を登る。時々晴れて大菩薩湖まで見渡す事ができ、感激するのもつかの間、ガスで視界が無くなる・・を繰り返えしながらの急登。大菩薩嶺山頂は見晴らしは無く、それでも山頂で「神田百45」の記念写真。雷岩から介山荘まで、見渡す限りの笹原の緑の絨毯は気分爽快。3:20分介山荘着。ビールで乾杯。すると思いがけず小屋から大きな桃のご馳走で、カブリ付く。
二日目は出発時間6:30大雨。石丸峠まで取りあえず進み様子見とした。時々晴れ間、ガスの繰り返しで、取りあえず前進小金沢山8:30分到着。笹原の眺めの良い所は、はじめだけで、倒木が多く、跨いだり潜ったりの連続。湯の沢峠着12:00。天目山温泉着2:10
良い汗を沢山かいた山行でした。

01_201708052304360ff.jpg 見晴らし無いけど達成感がありました。

02_20170805230430566.jpg 昔は、ヤナギラン等の花々が見事だったようだが、鹿の餌となってしまい、今では・・・・。

03_20170805230431486.jpg 介山荘からのご馳走をほおばる、ピーチ娘。感想文に「美味しい!」と書いたので、次の日も一個づつ頂けちゃいました。

04_201708052304327c0.jpg 介山荘の夕食は、食前酒のワインとお代わり自由のカレーです。二人の子ども達の給仕も絶妙に可愛いのです。更にボウルペンの記念品。

05_201708052304342e7.jpg 8:30分自動シャッターで記念写真

参加者:LH道、K初、M孝、W美、O睦  5名

2017-07-22(Sat)

北穂高岳~小槍、大槍 ①北穂高岳東稜篇

7月19日~22日 北穂高岳・槍ヶ岳に登りました。

ずっと前から行きたいと思っていた北穂高岳小屋のテラス。そこから槍に伸びる稜線を見たい。早朝に上高地に入り予定通り昼前に涸沢に着き、北穂高岳方向を見上げる。南稜ルートが稜線に向かい始めるところから右の沢を渡って、Y字の谷の左を詰めて東稜に出る。ルートの確認はバッチリ。出発梅雨明け直前の平日とあって、東稜ルートは私ひとりらしく、雪上に明瞭なステップはない。なんとか無事北穂沢をトラバースし(私が通過後落石が2つあり!)、沢を詰めようとしたものの、思いの他斜度があり、軽アイゼンとストックのみでは無理と判断、左の尾根に取り付く。そこからハイマツをかき分け、岩を乗り越しなんとか稜線に。南稜ルート分岐から1時間を要する。稜線にはしっかりした踏跡がある。ゴジラの背と呼ばれる部分は確かに細いが、ホールドは豊富。岩もしっかりしている。北穂沢側に張り出して岩のステップを数メートル渡る部分が印象深い。そしてゴジラの頭からのクライムダウン。 手足のホールドはしっかりあるが 確かに懸垂下降したくなる高度感。
ここまで来ればあとは小屋を目指して登るのみ。しかしこれが急登かつ踏跡が分かりにくい。かれこれ40分を要する。しかしゴールは直接小屋のあのテラスという絶妙さでいい感じ。その日はガスで槍は日没頃ちらりと顔を出しただけだったが、翌朝は快晴の絶景があった。

IMG_0764.jpg

IMG_0781.jpg

IMG_0782.jpg

DSC_0851.jpg

記:K藤
2017-07-21(Fri)

【神田百NO.82】小槍から大槍へ

7月21日 槍ヶ岳の小槍と大槍に登りました。

退会された大先輩A田さんが小槍から大槍へが行きたいと言われていたのを聞いて、これは面白そうと思い、また小槍の上でアルペンダンスを踊りたいと思い、キレット縦走後の7/20A田さんと槍ヶ岳山荘で合流し、7/21に登ってきました。第一関門は取り付きまでのガレガレのルンゼ下りです。右側の壁に沿って慎重に下りましょう。小槍は50mロープで一気に小槍頂上までいけなくもないですが、流れが悪くなりそうなので、3Pに刻みました。コルからすぐのトラバースしてチムニーに入るまでが核心です。小槍の頂上はそれなりに広いのでダンスは十分踊れます。コルへの懸垂下降は25mなので、50mロープ一本でちょうどです。ひ孫槍へのフェイスを登りは45mくらい。残置は少ないので小さ目のカムを4つほどとスリングは多めに持っていきましょう。ピークの裏側にハーケンの支点があります。孫槍は最初はガレを右上し、あとはピークのピナクルに向けてフェイスをほぼ直上です。ここも途中の残置支点は少なく、カムとスリングで支点を取るのがメインです。ピナクルを右に回り込んだところにハーケンからつながったスリングがありますが、それだけだと心もとないので、岩にスリングをかけて両方使用するのがお奨め。距離は50mロープでちょうどくらいです。そこからピナクルに登ると頂上にペツルのしっかりした支点あります。おそらく大槍とのコルに懸垂下降する支点ためと思われますが、今回は懸垂はせず、ビレイオンしたままでクライムダウンでコルまで降りました。しかしセカンドがピナクルからのクライムダウンがフリー状態になりますのでしっかり足元を指示しましょう。あとは大槍です。しかし山頂まで55mほどと資料にあったため、5mほど登ったところにあったハーケンで一旦ピッチを切りました。そしてそこから山頂の鉄杭までちょうど50m。斜度は緩め。そしてついに大槍山頂です。前回はガスの中で何も見えませんでしたが、今回はいい天気です。

IMG_0799.jpg

IMG_0802.jpg

DSC_0857.jpg

DSC_0860.jpg

DSC_0869.jpg

DSC_0873.jpg

(記 K藤)
2017-07-16(Sun)

水根沢

7月16日 晴れの中を奥多摩の水根沢を遡行しました。

水は昨年よりも少なめでした。それでも足の立たないところがあり泳ぎました。トイ状の滝、半円の滝を超え昨年よりも1段先に進みました。いろいろな滝が出てきて楽しかったです。

002水根沢入渓点にて 水根沢入渓点にて

003 ②3mCS滝 ②3mCS滝

008 Tさん登ります Tさん登ります

022 Tさん登ります Tさん登ります

026 Wさん行きます Wさん行きます

043 今日のハイライト⑦半円の滝 今日のハイライト⑦半円の滝

060 Sさん登ります Sさん登ります

W田、O竹、T形、S間の4名。W田記
2017-05-05(Fri)

丹沢 大山川

5月5日(金) 本年の沢初めに濡れない沢「大山川」を遡行しました。

ケーブルカーで登り、取りつきの二重社までは5分というお手軽な入渓でした.。初めの二重の滝の滝登りは左からでしたが滑りそうで怖かったです。その後は水流が見られず、滝には水が流れていない。最後まで水がありませんでした。ところどころの滝壺らしきところに小さな水たまりがあるだけでした。厳しそうなところには、残置・フィックスロープ、お助けスリングがあるので、何とか遡行できました。終了点からは右の支尾根に乗りトラバースして登山道に。まっすぐ山頂に向かうと山頂に近づくほど傾斜が増し、登れません。SK間、W田の2名でした。

005二重の滝 二重の滝

016ハング5mの滝 ハング5mの滝

022 2条8mの滝 倒木わきにフィックスロープあり 2条8mの滝 倒木わきにフィックスロープあり

037トイ状5mの滝 トイ状5mの滝

050フィックスロープで登る フィックスロープで登る

058大山山頂です 大山山頂です

W田記
2017-04-23(Sun)

外秩父七峰縦走ハイキング

4月23日(日) 快晴の中、外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加してきました。

申込み参加W田1名+自主参加8名の9名で歩きました。第1CPの官ノ倉山を下りて、和紙の里(食べ物・飲み物の屋台がたくさん出て大賑わい)を通って、延々と舗装された林道を歩き笠山登山口へ。笠山の第2CPまでに3時間半近くかかりました。第3CPの堂平山、第4CPの剣ヶ峰は近かったです。白石峠で時間切れのため白石バス停に下って終了でした。3ついければと思っていましたが、みなさんのおかげで4ついけましたので満足です。8時間半ほど歩きました。

003地図とCPカード 7:41 地図とCPカード 

010舗装路を行きます 舗装路を行きます

017官ノ倉山にて② 官ノ倉山にて

019こんな風に標識がありました こんな風に標識がありました

034花がきれいです 花がきれいです

048笠山山頂にて 笠山山頂にて

056堂平山山頂にて 堂平山山頂にて
 
W田、O江、ON山、W梅、S井、M馬、O田の0名でした。W田記
2017-04-22(Sat)

子持山獅子岩南東壁

4月22日(土) 子持山獅子岩南東壁を登りました。

昨年天候不良で行けなかったリベンジです。昨年の洪水で林道が破壊されており、登山口まで20分くらいの通行止の林道を歩きます。登山口からは40分くらいで取り付きへの分岐点、そこからは明瞭な踏み跡をたどれば岩に着きます。少し左に登ったところが取り付きです。
1Pは簡単ですが、つなげて登った2P目は途中で左にあがるハイステップがちょっとつらく、またその上の終了点への右トラバース気味のところも落ち着いてホールドを探す必要があります。写真でO田さんがフォローで登っているところ
3Pはフレークの岩を使えば簡単です。4Pはトポは5.8ですが、5.9かと。中盤から傾斜が立ち、かつホールドが細かくなります。逆層なので足も心もとないです。後続の若者チームも苦戦してました。
5Pは短く、難しいはありません。6Pは終了点に上がる手前の最後の支点を取った後の次、ややかぶり気味の部分が私が一番ヤバかったところです。大きく右へトラバース気味に1歩、さらに手を伸ばすと、岩の上部にガバが。そこを見つけるまで随分消耗しました。最後の7Pも最初に1手左へ岩に乗り込むところが悩みます。
リベンジを終えた岩の上からの眺望は最高でした。寒かったですが。

DSC_0766.jpg

DSC_0767.jpg

DSC_0769.jpg

RIMG2890.jpg


メンバー K藤、O田、会員外2名
2017-03-26(Sun)

奥日光三岳

3/26に、登山道のない奥日光三岳に行ってみました。

今まで何度も計画を作りながら実行しなかった奥日光三岳へ入ってみました。
湯元から小峠までの冬道はしっかり雪があり、小峠に着いたのが12時になってしまいました。
ほとんど時間切れで三岳にちょっと入ってみましたが、樹木が多すぎて先が全く見えません。
時間がないのでワカンを履いて入ってみました。中は腰までの雪でほとんど進めませんでした。
雪のないときに入ってみる必要があると実感しました。
006小峠にて-s 小峠にて
004蓼ノ湖-s 蓼ノ湖
009雪はたっぷりと-s 雪はたっぷりと
008小峠から下り風がないところで休憩-s 小峠から下り風がないところで休憩
007三岳に入ってみました-s 三岳に入ってみました

メンバー:K崎、S井、K林、W田 (記:W田)
2017-03-18(Sat)

大嵐山と城山東尾根 (高尾)

3月18日、大嵐山と城山東尾根を歩きました。

このコースは、昨年の登山時報9月号「地元会員特選 ミニガイド」で紹介されていたもので、
昭文社の地図に破線なく、守屋さんの詳細図にもありません。
起点は、以前から気になっていた夕焼け小焼け(*)というところからです。
*:夕焼け小焼けは、ふれあいの里という宿泊できるレジャー施設でした。
高尾北尾根、高尾山領を横切って相模湖へ抜けるコースでした。

ちょっと長めでしたが、楽しく歩きました。
小下沢では、梅林が見頃でにぎわっていました。
001夕焼け小焼けのバス停-s 夕焼け小焼けのバス停
004急騰が続きます-s 急登が続きます
007大嵐山山頂にて-s 大嵐山山頂にて
012関場峠にて-s 関場峠にて
016小下沢梅林-s 小下沢梅林
023千木良の茶店で一休み-s 千木良の茶店で一休み

メンバー:H山、M馬、W田、会員外2名 (記:W田)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

かんだちゃん

Author:かんだちゃん
神田山の会のブログへようこそ!

 当会は会員数約50名、ハイキングから縦走、岩やアイス等のバリエーション、フリークライミング、最近はトレイルランなどなど、各人の好みとグレードにあわせて活動しています。

 なお、例会は月2回、秋葉原にて実施しています!! 

神田山の会ホームページ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク